WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

日本通信、「03」で発着信できる「03スマホ」サービスを開始、第1弾は端末代込み月額3980円で提供

2014.12.10

Updated by Naohisa Iwamoto on December 10, 2014, 19:38 pm UTC

日本通信は2014年12月10日、東京23区の市外局番である「03」から始まる電話番号を使いながら、スマートフォンとして全国どこにいても発着信ができるサービス「03スマホ」を提供すると発表した。第1弾は12月13日0時から先行販売を開始、24回割賦の端末代を含み月額3980円(税別、以下同)で提供する。通話料金は1分20円で、月額料金に1200円分の無料通話が含まれる。

日本通信では、「03スマホ」を固定電話網と携帯網の融合(FMC:Fixed Mobile Convergence)の戦略の第一ステップと位置付けている。先行販売は「03スマホ G2 mini 3GBプラン」の名称で提供し、スマートフォン端末としては「LG G2 mini」を採用する。限定1000台で、12月17日から順次出荷する。

利用者は、03スマホを箱から取り出して電源を入れるだけで、「03」から始まる電話番号による発信/着信が可能になる。3GBまでの高速データ通信も含まれるので、通話、データ通信ともに通常のスマートフォンのように利用が可能だ。

料金の内訳は、データ通信月額基本料が1180円、03スマホ月額基本料が1380円、端末割賦代金が1420円(24回払い、総額3万4080円)。

【報道発表資料】
日本通信、03番号(03-xxxx-xxxx)なのにスマホ、いよいよ12月13日(土)先行販売開始

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。