WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

KDDI、3Dプリンターでオリジナルスマホケースを作れるサービスを開始

2015.01.26

Updated by Naohisa Iwamoto on January 26, 2015, 19:32 pm UTC

20150126_kddi3d001.jpgKDDIは2015年1月26日、オリジナルのスマートフォンケースを3Dプリンターで制作し、提供するサービス「3D PRINT LAB.」を開始すると発表した。料金は送料込みの一律制で3980円(税抜き)。1月27日に提供を始める。

3D PRINT LAB.は、Webページ上で顧客がデザインしたスマートフォンケースを、3Dプリンターで造形して指定した住所へ届けるサービス。造形には、プロユースの「粉末焼結積層造形式」の3Dプリンターを使用し、精密なデザインや、高いフィット感を実現するという。デザインは5種類のベース、5色のカラー、約80種類の立体スタンプを選んで配置するだけで、最短3分でオリジナルのケースを作れる。自由な文字や数字を組み込めるベースデザインもあり、プレゼントなどにも使える。

利用はパソコン向けのWebサイトから。スマートフォンからは利用できない。スマートフォンケースが対応するのは、Androidスマートフォンでは「isai VL LGV31」「Xperia Z3 SOL26」「Xperia Z1 SOL23」「Xperia UL SOL22」「Xperia VL SOL21」「HTC J butterfly HTL23」、iOS端末では、「iPhone 6」「iPhone5s」「iPhone5」「iPhone4S」。Firefox OSを搭載する「Fx0」も、2015年2月下旬に対応する予定。今後発売する機種は、順次サービスに対応する計画である。

サービスで利用するスマホケースの造形は、DMM.comの「DMM.make 3Dプリントサービス連携・API」を採用。ベースとなるスマートフォンケースのデザインは、プロダクトデザイナーの鈴木啓太氏による。3Dデータ作成およびデザインの機能は、チームラボが開発したオリジナルの3Dモデリングエンジンで実現している。

【報道発表資料】
自分だけのオリジナルスマホケースが作成できる!「3D PRINT LAB.」の提供開始について

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。