WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

ドコモ、8インチのコンパクトな新「dtab」を2月27日に発売、端末価格は実質0円

2015.02.23

Updated by Naohisa Iwamoto on February 23, 2015, 20:48 pm UTC

20150223_dtab001.jpgNTTドコモは2015年2月23日、8インチディスプレイを搭載したタブレット端末「dtab d-01G」を2月27日に発売すると発表した。片手で持てるサイズで、Wi-Fiに加えて下り最大150mbpsのFD-LTEにも対応する。

dtab d-01Gは、ファーウェイ製の8インチタブレット。ディスプレイは800×1200ドットで、5.7mm幅の狭額縁設計により幅を121mmに抑え、片手でも持ちやすくした。厚さも7.9mmと薄く、重さは340gと軽量に仕立てた。2013年に発売した10.1インチのディスプレイを備えた旧「dtab」は、通信がWi-Fiだけの対応だった。今回のdtab d-01Gは、LTEにも対応することで、様々なシーンで利用できるようになった。カメラはメインカメラが500万画素、インカメラが100万画素、OSはAndroid 4.4である。

本体はアルミ素材を利用し、高級感を演出。本体前面には2つのスピーカーを配置し、ヘッドホンを使わなくても迫力のある音楽を楽しめる。

旧dtabは、spモード契約があるドコモ スマートフォン、ドコモ タブレットの契約者が購入すると、キャンペーン価格で9975円(当時、5%消費税込み)という低価格が魅力だった。今回のdtab d-01Gも、価格、料金を低く抑えることで利用者にアピールする。ドコモオンラインショップで購入した場合、月々サポートを適用することで端末価格は実質0円になる。また、通信費用もドコモのスマートフォン、タブレット、ケータイを「新料金プラン」で契約している人が2回線目として利用し、1台目のパケットパックのデータ量をシェアした場合、月額1950円で運用可能となる。通常だと、2年契約のデータプランが月額1700円、シェアオプションが月額500円、spモードが月額300円となり、合計で月額2500円かかるので、毎月550円の割引が得られる。

【報道発表資料】
「dtab d-01G」を開発・発売

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。