WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

米政権、サイバーセキュリティ関連の大統領令発令へ

2015.02.13

Updated by WirelessWire News編集部 on February 13, 2015, 15:55 pm JST

オバマ(Barack Obama)米大統領が米国時間13日、スタンフォード大学(カリフォルニア州)で行われる「サイバーセキュリティサミット」への出席に合わせ、同日夜または翌日にサイバーセキュリティに関連する大統領令を出す可能性があるという。Reutersが米国時間12日、情報筋の話として報じている。

13日のカンファレンスには、アップル(Apple)のティム・クック(Tim Cook)CEOほか、マスターカード、バンク・オブ・アメリカ(Bank of America)、シマンテック(Symantec)などのCEOも参加の予定。いっぽう、グーグル(Google)、フェイスブック(Facebook)、ヤフー(Yahoo)では、CEOは参加せず、代わりに代表者を出席させる見通し。なお政府側からは米国防省長官や商務長官、FBIなどの代表者が参加予定。

同カンファレンスは、昨年後半にあったソニーピクチャーズへのハッキング事件などを受けて開かれるもので、会議の中ではサイバーセキュリティの強化や安全な決済処理システムなどが話し合われる可能性が高い。またオバマ大統領はサイバーセキュリティに関して、政府機関と企業のさらなる情報共有を目指したい考えなどとされている。

それに対し、NSAによる広範な情報収集活動が明るみに出て以来、ユーザーのプライバシー保護に神経を尖らせる一部のウェブ企業などの間では、官民の情報共有に対して懐疑的な声も根強く、グーグルやフェイスブックなどオバマ政権を基本的に支持している企業各社でも、まずは政府機関による監視体制の見直しを求めているという。

【参照情報】
Barack Obama's cyber security push spurs privacy fears - FT.com
Three of Tech's Top CEOs to Skip Obama Cybersecurity Summit - Bloomberg
Exclusive: Obama set to announce executive order on cybersecurity threat data - Reuters

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら