WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

アップルの音楽ストリーミングサービス、米司法省とFTCが注視

We all love free music, except Apple

2015.05.07

Updated by WirelessWire News編集部 on May 7, 2015, 13:55 pm UTC

アップル(Apple)が再ローンチの準備を進めているとされる有料音楽ストリーミングサービス「Beats Music」について、米司法省(Department of Justice)と連邦取引委員会(Federal Trade Commission )が調査に乗り出す構えを見せているという。The VergeやBloombergなど複数の媒体が情報筋の話として報じている。

アップルが昨年買収したBeatsの音楽ストリーミングサービスを今年夏にもリニューアルするとの話は既報のとおりだが、The Vergeによれば、アップルがこのサービスに楽曲を提供する大手レコード会社各社に対し、競合する音楽ストリーミングサービスのスポティファイ(Spotify)との契約内容を見直すよう圧力をかけている疑いがあり、具体的にはスポティファイの無料サービスに楽曲を提供しないよう、アップルがレコード会社に働きかけた可能性があるという。

The Vergeではほかに、アップルがユニバーサル・ミュージック(Universal Music)に対して、YouTubeへの楽曲提供を取りやめるよう働きかけているとする情報筋の話も記されている。こちらは、アップルがユニバーサルに対し、YouTubeへの楽曲提供を中止すれば、損失分をアップルが補填すると提案しているという。

アップルは新しい「Beats Music」について、6月に開催する開発者向けカンファレンス「WWDC」で何らかの発表をすると予想されている。

スポティファイはあわせて6000万人を超える登録ユーザーがおり、そのうち約1500万人が有料サービスの加入者。ただ、広告収入に依存する無料サービスに冠してはレコード会社やアーティストに渡る金額が少なすぎるとする話も再三伝えられており、昨年後半にはテイラー・スイフトが楽曲提供を停止して注目を集めてもいた。

音楽配信の中心が楽曲ダウンロード販売からストリーミング配信に移るなか、アップルでは昨年「iTune」の売上が前年比13%から14%程度減少しており、音楽流通に関する影響力低下の懸念が高まっているとされている。

【参照情報】
U.S. Is Probing Apple Over Its Deals for Beats Music - Bloomberg
Apple pushing music labels to kill free Spotify streaming ahead of Beats relaunch - The Verge
Next in Apple's crosshairs? Free music streaming at Spotify - CNET
Apple iTunes Sees Big Drop in Music Sales - WSJ

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら