WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

スポティファイ、動画配信などの新サービスを発表

Spotify is now officially leaped into web video business

2015.05.21

Updated by WirelessWire News編集部 on May 21, 2015, 12:09 pm JST

音楽ストリーミング市場首位のスポティファイ(Spotify)が米国時間20日、ニューヨークで開催したイベントのなかで、新たに動画やポッドキャストなどを配信することを正式に発表した。

スポティファイの新サービスにはABC、BBC、ESPN、NBC、コメディ・セントラル(Comedy Central)、メーカースタジオ(Maker Studios)、バイス・メディア(Vice Media)などが動画コンテンツを提供するほか、ポッドキャストについてもレディオラボ(Radiolab)、スレート(Slate)、アメリカン・パブリック・メディア(American Public Media)などと契約を結んでいるという。これらのコンテンツは20日から米国、英国、ドイツ、スウェーデンで配信が開始されている。

WSJの情報筋によれば、各メディア企業はコンテンツ提供の見返りとしてスポティファイから一定額の契約料に加えて、業績に応じた利益分配も受け取ることになる。ただし、具体的な契約額や収益化の方法などは明らかになっていないという。

スポティファイには現在、6000万人のアクティブユーザーがおり、そのうち1500万人が有料サービスに加入しているものの、依然として赤字が続いている。そのため、市場規模がより大きな動画配信分野への参入を通じて売上・利益拡大を狙うのではないかと見られているという。

スポティファイによる動画配信ビジネスへの参入については、同社が複数のメディア企業と交渉を行っており、早ければ今月中に動画サービスを含むプランを発表する可能性があるという話をWSJが今月はじめに報じていた。また、同社はこれに合わせて、新たに4億ドルの追加資金を調達しようとしており、これによって同社の評価額が80億ドル以上になる見通しとする話も伝えられていた。

【参照情報】
Spotify Takes on Apple and YouTube: 5 Things to Know About the New Streaming War - Bloomberg
Spotify Adds Video to Music Service - WSJ
Spotify to start offering videos - Reuters

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら