WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

amazon

アマゾン、一般人を利用した商品配送のアイデアを検討か(WSJ報道)

Would you want to be a delivery guy for Amazon?

2015.06.17

Updated by WirelessWire News編集部 on June 17, 2015, 11:47 am UTC

アマゾン(Amazon)が一般の人々に小額の報酬を支払い、商品の配送を依頼する仕組みの導入を検討しているという。米国時間17日にWSJが情報筋の話として報じている。

WSJの情報筋によると、「On My Way」と呼ばれるこの配送サービスでは、アマゾンが都市部にある小売店を商品の配送拠点として間借りし、ここから商品を受け取った一般の人々が配達を行うとの仕組み。「On My Way」のアイデアはもともとアマゾンが「Uber」のようなサービスの検討を進めるなかで浮上してきたものという。

アマゾンでは近年、配送コストの大幅な増加が課題となっている。同社の負担した配送コストは昨年87億ドルと前年から31%増加していた。「On My Way」が実際に導入されれば、配送コストの抑制に役立つことが期待されるが、一般人を商品配達に使うことに伴う信頼性や、商品破損などに備える保険なども課題も浮かび上がっており、同サービスが実現に至らない可能性もあるという。

商品配達に一般人を使うタイプの配送サービスは、すでにデリブ(Deliv)やウーバー(Uber)、インスタカート(Instacart)、グーグル(Google)、イーベイ(eBay)などの各社が実験を進めたりサービスを提供している。また小売り最大手のウォルマート(Wal-Mart)でも同様のアイデアを検討していたことがあったという。

【参照情報】
Amazon Mulls Paying People for Deliveries - WSJ
Amazon ponders crowdsourcing deliveries with "On My Way" program - Fortune
Amazon reportedly wants to turn its own customers into couriers - The Verge

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら