WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

顔と紙幣

マスターカード、顔認識技術を使った決済認証システムを実験へ

Paying with cash, check or your face?

2015.07.02

Updated by WirelessWire News編集部 on July 2, 2015, 13:04 pm UTC

マスターカード(MasterCard)が顔認識技術を利用した決済認証システムの試験導入を今年秋にも行うと、米国時間1日にCNN Moneyが伝えている。

CNN Moneyによれば、マスターカードは、パスワードの代わりに指紋や顔の情報を使って本人確認を行う決済認証システムの実験を予定。そのうち顔認識技術を使う導入プログラムは500人程度の買い物客が参加する限定的なものとなるが、同社では実験結果を踏まえながら、その後一般顧客への提供も視野に入れているという。

マスターカードは同技術の導入について、すでにアップル(Apple)やブラックベリー(BlackBerry)、グーグル(Google)、マイクロソフト(Microsoft)などとパートナーシップを結んでいるほか、大手金融機関2社とも交渉を進めているという。

顔認識技術を使った本人確認の仕組みは、買い物客がスマートフォンなどのカメラに自分の顔を写し、一回まばたきをすることでパスワードの代わりにするというもの。このまばたきという動きにより、カード保有者の写真を使った詐欺行為(他人によるなりすまし)が防げるなどとされている。

ただし、この仕組みに対して、カード保有者の顔写真が端末内でなくマスターカード側のサーバーに保存される点を懸念するセキュリティ専門家もいるという。反対に保存される情報が顔写真ではなくアルゴリズムであることを理由に安全性を主張する専門家の声も紹介されている。

なお、マスターカードはこの顔認識による認証のほか、音声による認証や、人によって異なる心拍情報による認証についても実験を進めているという。

【参照情報】
MasterCard will approve purchases by scanning your face - CNN Money
MasterCard Plans To Approve Online Purchases Using Facial Scans - IB Times
MasterCard wants to let you buy stuff with your face - Fortune

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら