NTT、4Kで60P/120P同時伝送を可能にするHEVCエンコードエンジンを開発

New HEVC encode engine for better

2015.07.02

Updated by Naohisa Iwamoto on 7月 2, 2015, 20:09 pm JST

NTTは2015年7月2日、現在4K配信に使われている秒間60フレーム(60P)の映像と、スポーツ映像などの被写体の動きが激しい映像に適した秒間120フレーム(120P)の映像を、同時に伝送可能なHEVCソフトウエアエンコードエンジンを開発したと発表した。

HEVCは、正式には「H.265/HEVC(High Efficiency Video Coding)」という国際規格で、NTTはHEVCに準拠したエンコードエンジンとして、60P/120Pの同時伝送に対応した。電波産業協会(ARIB)は標準規格で、120Pの4K/8K映像の配信が実施される場合には、既存の60P対応のテレビ受像機と新しい120P対応のテレビ受像機に対して、1つのビットストリームを配信するだけで済む「時間方向階層符号化」を規定している。NTTが開発したHEVCソフトウエアエンコードエンジンは、120PのHEVCビットストリームの中から部分的にフレームを取り出すことで60Pのビットストリームを作り出す時間方向階層符号化に対応した。

また、符号化方法としてはビットレートを固定する「固定ビットレート制御」(CBR)だけでなく、映像によって符号量の割り当てを可変にすることで伝送データ量を削減できる「可変ビットレート」(VBR)にも対応した。NTTが開発した精度の高い符号量推定技術を応用することで、効率的に符号量を割り当てられる。この結果、固定ビットレートと比べて約40%のデータ量削減を実現した。映像配信のための帯域や、蓄積のための容量を減らすことでコスト削減が期待できる。

NTTが開発した技術は、NTTアドバンステクノロジが取得。ソフトウエアコーデック開発キット「HEVC-1000 SDK」と、ファイルコンバートソフトウエア「RealFeel FileConvert 4K」をバージョンアップして販売を開始する。

【報道発表資料】
超高精細映像の60P/120P同時伝送に対応したHEVCソフトウェアエンコードエンジンを世界に先駆けて開発

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。

RELATED NEWS