WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

Google Self-Driving Car Project

グーグル、自動車関連子会社「Google Auto LLC」を密かに登記(The Guardian報道)

What is Google Auto LLC?

2015.08.03

Updated by WirelessWire News編集部 on August 3, 2015, 09:29 am UTC

自動運転車(自走車)の開発を進めるグーグル(Google)が、「Google Auto LLC」という子会社を登記していたことが明らかになり、その狙いなどについて憶測を呼んでいるようだ。

この話題を報じたThe Guardianによると、グーグルがハードウェア関連の製品を扱う子会社を登記するのはこのGoogle Auto LLCが初めて。有限責任の別会社を設ける理由については、万が一、多額の損害賠償責任などが生じた場合にも、親会社に累が及ぶことが避けられるといったメリットが挙げられている。またグーグルが将来的にGoogle Auto LLCを別会社として独立させる可能性もあるとされている。

グーグルが「Google Auto LLC」を設立したのは2011年後半のことで、Lexus SUVを改造した自動運転車の登録はこの子会社が行っていた。また昨年公開された独自開発の「Google Car」(小型ロボットカー)についてもこのGoogle Auto LLCから車体認証番号(Vehcle Identification Number、VIN)の申請が出されていたという。

The Guardianは、Google Auto LLCが米連邦道路交通安全局(National Highway Traffic Safety Administration、NHTSA)に提出した書類のなかで、「Google Car」が20〜30kW程度のリチウムイオン電池を搭載し、後輪駆動で、各車輪にブレーキを有するものになることや、最高時速25マイルの軽量低速車輌(LSV)として届け出されていること、ラウシュ(Roush)というデトロイトのエンジニアリング会社がプロトタイプの製造を受け持つことなどを記している。

グーグルは昨年5月下旬に「Google Car」を発表し、今年6月下旬には本社近辺で同車のテスト走行を開始したことが伝えられていた。

なお、この話題に触れたElectrekでは、自動車製造がグーグルの中核事業とはかけ離れていることなどを理由に、Google Auto LLCで開発した技術をテスラ(Tesla)に提供する可能性も考えられるとしている。

【参照情報】
How Google quietly revved up its very own car company - The Guardian
Google created ‘Google Auto’, a wholly owned subsidiary to operate their car business - Electrek
Google reportedly set up its own stealth robocar company - Fusion
Google’s New Self-Driving Car Ditches the Steering Wheel - Re/code
Google’s Self-Driving ‘Koala’ Cars Now Out in the Wild - Re/code

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら