スマホゲーム利用者は20代では3分の2に、遊ぶのは「パズドラ」「ツムツム」「モンスト」--MMD研究所

Not to make a phone call, but to play games

2015.08.05

Updated by Naohisa Iwamoto on 8月 5, 2015, 18:53 pm JST

MMD研究所は2015年8月5日、「2015年上半期スマートフォンゲームアプリに関する調査」の結果を発表した。普段からスマートフォンゲームアプリ(スマホゲーム)で遊んでいる人は回答者の約半数で、2015年上半期に最も遊んだゲームの上位は「パズドラ」「ツムツム」「モンスト」という結果だ。

20代歳以上の560人を対象にした調査で、スマホゲームで普段遊んでいると回答したのは全回答者の48.4%だった。性別ではほとんど有意な差はなかったが、年代別に見ると20代が65.2%と約3分の2が普段からスマホゲームに接していることがわかった。スマホゲームを楽しんでいるのは20代と、30代(55.4%)、40代(58.0%)が中心で、50代(39.3%)、60代(24.1%)になるとぐんと利用率が下がる。

ダウンロードして遊んだことがあるアプリは、男女でやや異なる傾向が見られた。男性では、「パズル&ドラゴンズ」が首位で、以下「モンスターストライク」「ディズニーツムツム」「魔法使いと黒猫のウィズ」「ぷよぷよクエスト」がトップ5だった。一方、女性では「ディズニーツムツム」が首位で、「パズル&ドラゴンズ」「ぷよぷよクエスト」「LINEポコポコ」「キャンディークラッシュ」と続いた。

普段スマホゲームで遊んでいると回答した人を対象に、2015年1月~6月にハマったアプリを尋ねたところ、「パズル&ドラゴンズ」が24.0%、「ディズニー ツムツム」が22.5%「モンスターストライク」が13.7%の順番となった。これを2014年7月、2014年12月、今回の2014年7月の調査で比較すると、「パズル&ドラゴンズ」は「18.7%→25.4%→24.0%」と高い数値ながらピークを超えた可能性がある。一方で「ディズニーツムツム」は「9.7%→12.5%→22.5%」と急伸中、「モンスターストライク」も「1.3→10.8%→13.7%」と着実にハマったユーザーを増やしていることがわかった。

【報道発表資料】
2015年上半期最も遊んだゲーム「パズドラ、ツムツム、モンスト」  「ツムツム」と「モンスト」は昨年よりプレイヤーが増加

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。