WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

ツイッター(Twitter)の暫定CEOを務めるジャック・ドーシー(Jack Dorsey)氏が、新しい正式なCEOに指名される公算が高まっているという。Re/codeが情報筋の話として米国時間30日に報じた。

ツイッターではディック・コストロ(Dick Costolo)前CEOが6月半ばに辞意表明し、それ以来次のCEO探しが続いていた。またコストロ氏の辞意表明を受けて、共同創業者でかつてCEOを務めていた経験もあるドーシー氏が暫定CEOに就任していた。

Re/codeによると、ツイッターの取締役会でドーシー氏の正式CEO指名が承認されたかどうかはまだ不明だが、指名が承認された場合、ドーシー氏がオンライン決済企業スクエア(Square)のCEOとの兼任になる可能性が高いという。また新たなトップ指名に伴う幹部の入れ替えや、コストロ氏の取締役辞任の可能性も浮上しているという。

この報道を受け、ツイッターの株価は一時6.8%高となり、最終的に5.3%高で同日の取引を終えている。

Re/codeによると、ツイッターの新CEO探しでは、同社の営業部門を率いるアダム・ベイン(Adam Bain)氏のほか、共同創業者のエヴァン・ウィリアムズ(Evan Williams)氏(現MediumのCEO)やインスタグラム(Instaglam)創業者のケビン・シストロム(Kevin Systrom)氏の名前なども候補として挙がっていた。ただ、ドーシー氏がCEOへの復帰を強く希望していたことから、ベイン氏はCEOへの就任打診を断っていたという。

なお、スクエアは現在株式公開を控えており、同社の取締役会では、ドーシー氏がこのタイミングで両社のCEOを兼任することに反対の声が上がっていたとする話も伝えられていた。

【参照情報】
Sources: Jack Dorsey to Be Named Permanent Twitter CEO - Re/code
Jack Dorsey to be named permanent Twitter CEO, report - Fortune
Twitter likely to name Dorsey permanent CEO: Re/code - Reuters

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら