WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

Comcast

コムキャストで無線通信サービス提供に向けた動き - ベライゾンの携帯通信網を利用か

2015.10.22

Updated by WirelessWire News編集部 on October 22, 2015, 11:55 am UTC

米ケーブルテレビ最大手のコムキャスト(Comcast)が、自社のWi-Fi網にベライゾン(Verizon Wireless)の携帯通信網を組み合わせたMVNOサービスを来年にも開始する可能性があるという。Re/codeなど複数の媒体が報じている。

コムキャストを含む大手ケーブル事業者3社は2011年12月、3社が共同保有していたAWS-1周波数帯のライセンスを36億ドルでベライゾンに譲渡することに合意していたが、この譲渡契約にはMVNOに関するオプションが含まれていた。Re/codeでは情報筋の話として、コムキャストがこのMVNOに関するオプションを行使する考えであることをベライゾンに数ヶ月前から通知していると記している。またベライゾンも先ごろ行った決算発表のなかで、ケーブル事業者3社のうち少なくとも1社がこのオプションを行使しようとしていることを認めていたという。

コムキャストは携帯通信事業を開始することで、ケーブルテレビ放送とブロードバンド、固定電話、携帯通信サービスの4つをバンドルして提供することが可能になる。またコムキャストの無線通信市場参入については、Wi-Fi網と携帯通信網を組み合わせた携帯通信サービスの提供が以前から噂されており、提携先の候補についてもベライゾンの名前が挙がっていた。

米国ではすでにケーブルビジョンがWi-Fi網だけをつかった携帯電話サービスを一部で提供している。

Re/codeは、調査会社ニューストリート・リサーチ(New Street Research)のジョナサン・チャプリン(Jonathan Chaplin)氏というアナリストの見方として、「コムキャストは、自社のWi-Fi網でカバーできない部分を携帯通信網で補うというやり方がどの程度うまくいくかをみるために、まずはベライゾンのネットワークを利用するのではないか」「この小手調べの結果を踏まえ、コムキャストがT-モバイル(T-Mobile)やスプリント(Sprint)から、自社にもっと有利な条件を引き出す可能性もある」「同時に、コムキャストがT-モバイルの買収を真剣に検討したとしても意外ではない」などと記している。

いっぽう、Wi-Fi網が主で携帯通信網が従という無線通信サービスの成否について、「全国的にある程度の勢いを得るためには、既存の携帯通信サービスに比べて料金がかなり安く、また人気の端末を揃えることが必要」とする業界コンサルタントのチェタン・シャーマ(Chetan Sharma)氏の見方や、アップル(Apple)「iPhone」やサムスン(Samsung)「Galaxy」が提供されるかどうかが鍵とするチャプリンの見方も紹介されている。

【参照情報】
Comcast Moves Closer to Offering Cell Service, Activates Deal With Verizon - Re/code
One of America’s least-favorite cable companies could soon be your cell carrier, too - Washington Post
Analyst: Comcast triggers MVNO deal, will launch Wi-Fi-first service in 2016 - Fierce Wireless

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG