タワーレコード、ドコモ、レコチョクの「Eggsプロジェクト」、支援アーティストが初のCDリリース

2015.10.22

Updated by Hitoshi Sato on 10月 22, 2015, 06:28 am JST

タワーレコードとNTTドコモ、レコチョクの3社は、 共同で展開する「Eggsプロジェクト」において、 インディーズ・レーベル「Eggs」をタワーレコード内に設立し、 本プロジェクトで支援するアーティストの一組である「Shout it Out(シャウト イット アウト)」のCDを2015年12月16日からタワーレコード限定で発売することを明らかにした。販売価格は1,500円である。NTTドコモが提供する「dヒッツPowered by レコチョク」でも同日から配信開始する。NTTドコモは2005年にタワーレコードと資本提携、協業を行い、2012年6月には子会社化している。

「Shout it Out」は2012年4月に結成された大阪府堺市を拠点に活動する4人組ロックバンド。TOKYO FM /JFN「SCHOOL OF LOCK!」と「Eggsプロジェクト」が共催した音楽フェスティバルである「未確認 フェスティバル2015」(2015年8月30日開催)で応募3,254組の中からグランプリを獲得した。

▼Shout it Out
20151022-eggs

出会う(タイムライン)と聴く(プレイヤー)が一緒になったスマホ向け音楽アプリ「Eggs」

「Eggsプロジェクト」はタワーレコード、 ドコモ、 レコチョクの3社が、 音楽を志すアーティストとファンを繋ぐコミュニケーションプラットフォームで、 インディーズおよび新人 アーティストの音楽活動支援を行うプロジェクト。2015年5月から提供開始されている。

アーティストらは「楽曲の公開」、「リスナーへの発信」、「イベントへの参加」などが可能で、リスナーは「未知なる音楽との出会い」を無料で楽しめ、好きになったアーティスの応援ができる「新しい形の音楽プレイヤー」である。

▼Eggsの概要(発表時報道資料より)図中「予定」とされていた部分が今回実現。
20151022-eggs-2

「Eggs」では、これまでも「dヒッツ」での楽曲配信や、 本プロジェクトが協賛する音楽フェスティバルへの出演等、 アーティストの活動の場を提供しており、 今後も活動の幅を広げていけるような高いレベルのライブ出演や楽曲のCD化等、 音楽制作の機会を提供していく予定だ。

タワーレコード、ドコモ、レコチョクの3社は今後も「Eggsプロジェクト」を通して、インディーズ楽曲の配信やCDのリリース等を行うことで、若いアーティストの活動を支援していく。また「dヒッツ」においても、J-POPの主要アーティストはもちろん、独自に発掘したインディーズ・アーティストの楽曲配信や支援を行い、質の高いサービスを提供していく。「独自に発掘したインディーズ・アーティストの楽曲配信や支援」こそが「Eggs」の強みである。これからも才能ある多くのアーティストが「Eggs」から登場することが期待される。

【参照情報】
Eggsプロジェクト
Shout it Out オフィシャルサイト
「Eggsプロジェクト」のサービス「Eggs」を提供開始(2015年5月報道発表資料)

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

佐藤 仁(さとう・ひとし)

2010年12月より情報通信総合研究所にてグローバルガバナンスにおける情報通信の果たす役割や技術動向に関する調査・研究に従事している。情報通信技術の発展によって世界は大きく変わってきたが、それらはグローバルガバナンスの中でどのような位置付けにあるのか、そして国際秩序と日本社会にどのような影響を与えて、未来をどのように変えていくのかを研究している。修士(国際政治学)、修士(社会デザイン学)。近著では「情報通信アウトルック2014:ICTの浸透が変える未来」(NTT出版・共著)、「情報通信アウトルック2013:ビッグデータが社会を変える」(NTT出版・共著)など。

RELATED NEWS