WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

EU

欧州議会、ローミング料金撤廃や「ネット中立性」ルール関連の法案を承認

2015.10.28

Updated by WirelessWire News編集部 on October 28, 2015, 13:41 pm JST

欧州議会は現地時間27日、欧州連合が今年6月に可決していたEU域内での携帯通信のローミング料金撤廃や「ネット中立性」に関するルールの導入を定めた新たな法案を承認。いっぽう、一部から要求が出されていた同ルールの修正案は却下されたという。

The Vergeなどによると、この法案が承認されたことにより、EU域内では2017年6月15日からローミング料金が撤廃される。また、欧州の通信事業者に対しては2016年4月までにローミング料金を再度引き下げることが求められており、具体的には、ユーザーから徴収できるローミング料金が通話1分あたり0.05ユーロ、テキストメッセージ1通あたり0.02ユーロ、データ通信が1メガバイトあたり0.05ユーロ(いずれも税別)にそれぞれ制限されることになるという。

いっぽう、「ネット中立性ルール」については、データトラフィックの差別的取り扱いは基本的には禁じられるものの、通信事業者がテレビ会議や手術など一部のネット利用に最低限の通信品質を保証する特別サービスを提供することは認められるほか、サイバー攻撃対策やトラフィックの緩和などの目的で一部トラフィックのブロックや制限が認められるなど、インターネットプロバイダーにとって複数の抜け穴があるものとなっている。そのため、複数のインターネット企業や活動家らが一部のトラフィックを優先する「ファストレーン」を実質的に認めるものとして反対を表明し、同ルールの修正を求めていたという。

【参照情報】
Europe puts an end to mobile roaming charges - The Verge
European Parliament rejects amendments protecting net neutrality - The Verge
EU Passes Net Neutrality Laws, Votes to End Roaming Charges by Mid-2017 - WSJ

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG