WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

privacy01

オンラインのプライバシーに関する意識調査結果をMozillaが発表

2016.01.27

Updated by Yuko Nonoshita on 1月 27, 2016, 13:16 pm JST

Firefoxの開発で知られるMozilla Japan は、毎年1月28日に世界で実施される”データプライバシーデー(Data Privacy Day) ”に合わせ、オンラインのプライバシーに関する意識調査を行っている。

データプライバシーデーは、「データの守秘と保護に関する意識の向上と議論の喚起のための取り組み」として2008年にスタートし、米国やカナダをはじめ欧州27カ国で実施され、米国では正式な国の記念日にもなっている(参照:http://cpc.jpac-privacy.jp/dpdj/)。Mozilla では、この日に合わせてプライバシーへの関心を高める活動を行っている。今年は、オンラインプライバシーに関するアンケート実施と、プライバシーに関するコミュニティミーティングを1月24日に開催し、オンラインプライバシーの意識とリテラシー向上に向けて取り組むグループの立ち上げを行っている。

国内では、コミュニケーションをソーシャルネットワークサービス(以下、SNS)に依存する人たちが増えるなか、LINEでの個人のやりとりが第三者により週刊誌に掲載されたことなどから、プライバシーやセキュリティに対する関心は高まっている。だが一方で、具体的な対策についてはどうすればいいのか情報が少ない状態であり、今回Mozilla Japanが実施したアンケート調査結果にも、そうした状況がはっきりと浮かび上がっている。

今回のアンケート調査は、日本全国の10代から60代以上の男女1,236名の回答を元にしている。まず、プライバシーに対する意識だが、普段の生活全体でプライバシーを気にする人は、「とても気にしている」、「少し気にしている」を合せて72.3%であるのに対し、インターネット利用時のプライバシーを気にする人は、77.6%といずれも7割以上が気にかけている。

privacy02
privacy03

だが、プライバシー対策については、オンラインバンクやクレジットカードの利用では58.6%、ウィルス対策については60.1%が何らかの対応をしているものの、「気になるが対策を行っていない」という回答も3割近くを占めており、特にSNSでのプライバシー対策は53.4%が対策をとらず、うち12.2%は対策しているかどうかも「わからない」と回答している。

privacy04

また最近では、スマートフォンのブラウザでもプライベートブラウジングやシークレットモードと呼ばれる、利用履歴が残らない機能が使えるようになっているが、それらの機能に対する認知度は23.1%であり、知らない人は76.9%と回答している。

privacy05

さらに、ウェブブラウジングの際の行動が追跡(トラッキング)されていることについては、「知っていた」が33.9%で、「知らなかった」66.1%の半数程度にとどまっている。また、知っていてもトラッキングを保護するための機能を使ったことがあるのは22.2%で、ほとんどがトラッキングに対する認知度はそれほど高くないことがわかる。

では、トラッキングに対する抵抗感はないかとの質問に対しては、「基本的にされたくない」が47.0%、「場合による」23.9%と全体の7割以上を占めており、対策を行いたいかについては、「とても興味がある」21.4%、「やや興味がある」52.8%とこちらも7割以上を占めている。

こうした結果に対し、Mozilla Japanの活動するグループに参加しているプライバシーに関する研究者からは、「自分が過去に実施した別の調査でも、日本人は比較的プライバシーを気にかけているという結果が出ている反面、個人情報に対する意識はあるが実際の行動は追いついていない点が海外との差として出ていた」という意見が出されている。

いずれにしても、オンラインプライバシーに関する関心はまだそれほど高くないことから、Mozilla Japan では、今後も国内における意識向上のためのコンテンツ発信や勉強会などを行っていくとしている。

調査結果はこちらでも公開されている。
https://www.mozilla.jp/static/docs/press/DPD2016-survey-Results.pdf

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

野々下 裕子(ののした・ゆうこ)

フリーランスライター。大阪のマーケティング会社勤務を経て独立。主にデジタル業界を中心に国内外イベント取材やインタビュー記事の執筆を行うほか、本の企画編集や執筆、マーケティング業務なども手掛ける。掲載媒体に「月刊journalism」「DIME」「CNET Japan」「WIRED Japan」ほか。著書に『ロンドンオリンピックでソーシャルメディアはどう使われたのか』などがある。