20160212-gfast-eyecatch

エネコム、G.fast採用によりメタル回線での集合住宅向け1Gbpsサービスを開始

2016.02.12

Updated by Asako Itagaki on 2月 12, 2016, 18:49 pm JST

中国電力系列の情報通信事業者であるエネルギア・コミュニケーションズ(以下エネコム)は、電話回線に用いられるメタルケーブルを用いたギガビット高速通信規格G.fast技術の商用展開を2016年6月から開始する。G.fastの商用展開は日本初。

既存や新規のDSL方式によるインターネット接続の集合住宅に対し、1Gbpsサービスの提供を開始する。提供条件は、光ファイバー接続サービス「メガ・エッグ 光ネット[マンション] 」と同等となる予定。

光ファイバーの屋内配線にはコストと時間がかかり、また建築済みマンションなどでは既存配管との関係で各戸への光ファイバー配線が不可能なケースもある。そうした場合でも、G.fast技術を用いることで、既存メタルケーブルを利用して光ファイバーと同等のブロードバンドサービスを短期間で提供可能になる。

G.fastは、電話回線に使用されるメタルケーブルを利用して数百メートル程度の距離まで最大1Gbps程度の速度で通信が可能となる技術で、ITUで正式にDSL規格として認定されている。エネコムのG.fastにはノキアのベル研究所によって開発されたベクタリング技術を搭載しており、メタルネットワークでデータ速度に影響を与えるクロストークによる干渉を低減することで、1Gbpsに近い通信速度を実現している。

【報道発表資料】
最新規格「G.fast仕様」採用による集合住宅向け1Gbps サービスの開始について
ノキアとエネルギア・コミュニケーションズ、 G.Fast固定超高速ブロードバンドアクセス技術を日本で初めて商用展開

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

板垣 朝子(いたがき・あさこ)

WirelessWire News編集長。独立系SIerにてシステムコンサルティングに従事した後、1995年から情報通信分野を中心にフリーで執筆活動を行う。2013年春、長年住んだ中目黒を離れて、世界一高い電波塔の近所で下町生活を満喫中。

RELATED NEWS