屋内で誤差1m以内の位置検出システム、無線LANと音波を使って三菱電気が開発

2016.02.12

Updated by Naohisa Iwamoto on 2月 12, 2016, 19:56 pm JST

三菱電気は2016年2月12日、音波による測位を無線LANと組み合わせた屋内位置検出システムを開発したと発表した。誤差1m以内で位置を検出できるため、GPS電波の届かない屋内での高精度な位置検出に活用できる。

開発したシステムでは、音波による位置検出装置を無線LAN基地局に搭載する。位置を検出したい対象物と、その周囲にある複数の位置検出装置付きの無線LAN基地局との間で音波を往復させることで、伝達時間から対象物の位置を特定する仕組み。音波の送受信タイミングや計測結果は、無線LANによる通信を使ってやり取りする。構内無線LANが構築されている環境であれば、位置検出装置を無線LAN基地局に追加するだけでシステムが構築できるため、低コストで運用を開始できるという。

屋内位置を検出される対象物側としては、スマートフォンを用いることで専用機器を使わずに屋内測位が可能になる。スマートフォンには専用アプリをインストールし、スマートフォン内蔵のマイクとスピーカーを利用して位置検出装置との間で音波を送受信することで、伝達時間から位置を特定する。

三菱電気では地下駐車場の駐車位置ナビゲーションシステムや、倉庫の物流管理などへの応用を想定している。2017年4月の実用化に向けて、アプリケーション開発を進めていく計画だ。

【報道発表資料】
無線LANと音波による屋内位置検出システムを開発

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。

RELATED NEWS