WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

マイクロソフト(Microsoft)は米国時間2月29日、同社のARヘッドセット「HoloLens」について開発者向けエディションの予約受付を開始。また同端末の具体的な仕様も明らかにされている。

マイクロソフトによると、同エディションの価格は3000ドルで、米国およびカナダで3月30日に出荷開始を予定しているという。

「Windows 10」OSで動作する「HoloLens」はマイクロソフトの「Holographic Processing Unit(HPU)」およびインテルの32ビットプロセッサを搭載し、PCやスマートフォンを必要とせず本体のみでの利用が可能。また2GBのRAMと64GBのストレージを搭載し、内蔵バッテリーでは2〜3時間の連続利用が可能(充電しながら利用することも可能)とされている。

そのほか、HoloLensには慣性計測装置や光センサーモジュール、4つのマイク、周囲の環境を認識する4つのカメラ、動画や写真の撮影用となる2メガピクセルのHDカメラなどが搭載され、また内蔵する深度センサー付きカメラで周囲の状況をマッピングすることも可能という。

マイクロソフトは、同端末向けにサンプル版のARアプリを提供する予定で、そのなかには通話相手のホログラム画像が表示される「Skype」や、犯罪解決をテーマにしたARゲーム「Fragments」などが含まれる。なお、同端末向けのソフトウェア開発には「Windows 10」および「Visual Studio 2015」を利用できるPCが必要となるという。

【参照情報】
$3,000 HoloLens dev kit available for pre-order now, shipping March 30 - Ars Technica
Microsoft HoloLens Is Available to Software Developers - WSJ
Microsoft reveals HoloLens hardware specs - The Verge

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら