ニフティ、スマホで固定電話番号の発着信ができる「ShaMo! by NIFTY Cloud」を提供

2016.03.18

Updated by Naohisa Iwamoto on 3月 18, 2016, 06:19 am JST

ニフティは2016年3月17日、スマートフォンのデータ通信を利用して固定電話番号での発着信を可能にする法人向け通話サービス「ShaMo! by NIFTY Cloud」(シャモ・バイ・ニフティクラウド)の提供を開始すると発表した。4月中旬に東京23区内(03番号)でAndroid版の提供を開始し、その後順次対象を拡大する。

「ShaMo! by NIFTY Cloud」は、米BroadSoftが提供するPBX基盤をクラウド化した「BroadCloud」を日本向けに最適化して提供するクラウド型ユニファイドコミュニケーションサービス。専用アプリをスマートフォンにインストールし、Webサイトからサービスに申し込むだけで、スマートフォンで固定電話番号を利用した通話が可能になる。

1つの代表番号を複数のスマートフォンで共有することができるほか、1ライセンスにつき1件の直通番号が付与され、直通電話番号同士は無料の内線通話が可能。PBXなどのシステムを導入することなく、法人の電話利用に必要な機能が利用できる。専用のアドレス帳、保留転送機能、チャット機能、留守番電話機能も備える。

初期費用は無料で、1社で5名までの利用の場合は月額基本料金も無料、1ライセンス月額900円で利用できる。6名以上の利用の場合は、月額基本料金が1500円、5名までは1ライセンス900円、6名以降は同1800円となる。通話料金は外線通話が30秒ごとに20円、内線通話は無料。サービス開始時点では国内通話のみに対応しているが、今後海外への通話にも対応する予定。

専用アプリは4月中旬に提供するAndroid版に続いて、iOS版を6月に提供する計画だ。提供地域は東京23区内。7月以降に東京23区を含む全国主要14地域(札幌市、仙台市、さいたま市、横浜市、川崎市、千葉市、東京都多摩地区、名古屋市、京都市、大阪市、神戸市、広島市、福岡市)に拡大する予定である。

【報道発表資料】
ニフティ、スマホで固定電話番号が使える法人向け通話サービス「ShaMo! by NIFTY Cloud」を提供

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。

RELATED NEWS