WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

HMDグローバル、ノキアとブランドライセンス契約 - マイクロソフトからフィーチャーフォン事業を買収

2016.05.19

Updated by WirelessWire News編集部 on May 19, 2016, 00:25 am UTC

ノキア(Nokia)の元幹部らが経営するHMDグローバル(HMD Global;以下、HMD)というフィンランド企業が、ノキアとブランドおよび知財に関する10年間のライセンス契約を締結したことが現地時間18日に明らかになった。またHMDはフォクスコン(Foxconn)子会社のFIHモバイル(FIH Mobile;以下、FIH)と共同でマイクロソフト(Microsoft)からフィーチャーフォン関連の事業を取得し、「ノキア」ブランドのモバイル端末を開発・販売することになったという。

Bloombergによると、HMDは複数のPEファンドなどから資金を調達しており、Androidスマートフォンやタブレット、フィーチャーフォンの開発・販売に向こう3カ年で5億ドル程度の資金を投じる計画。また同社はFIHと共同で、マイクロソフトがベトナムのハノイに保有する製造拠点を3億5000万ドルで取得し、この拠点を使って新たに「ノキア」ブランド製品の製造を行う計画だという。

Reutersによると、ノキアはHMDに資金を提供しておらず、今後もHMDからライセンス料を受けとるだけに留まるという。またマイクロソフトが2014年にノキアから買収した事業のうち、Lumiaシリーズのスマートフォン・ビジネスは今後もマイクロソフトが継続していくという。

Bloombergでは、スマートフォン市場の成長鈍化や競争激化に触れながら、「新会社が初年度に1000万台のスマートフォンを販売できればまずまずの成功と考えられる」とする調査会社ガートナー(Gartner)アナリストの見方が紹介されている。

【参照情報】
Nokia to Return to Cellphones Via Licensing Pact - WSJ
Nokia Name to Return to Smartphones in Bet on Brand’s Power - Bloomberg
Foxconn’s FIH to Buy Microsoft Feature Phones for $350 Million - Bloomberg

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら