Yahoo!地図、新宿、渋谷、東京の駅構内で地磁気による位置確認やルート案内を提供

2016.06.13

Updated by Naohisa Iwamoto on 6月 13, 2016, 10:23 am JST

ヤフー(Yahoo! JAPAN)は2016年6月10日、同社が提供する地図アプリ「Yahoo!地図」(Android版)で、地磁気による屋内位置確認技術を国内のサービスとして初めて実用化したと発表した。東京の新宿駅、渋谷駅、東京駅の駅構内や地下街でサービスを提供する。

▼Yahoo!地図の屋内ルート案内の画面イメージ(ニュースリリースより)20160610_yahoo001

従来の地図・ナビゲーションアプリは、GPSによる位置情報を利用するため、歩行者として位置確認やナビゲーションを求めることが多い屋内や地下街での利用が難しかった。ヤフーでは、フィンランドのIndoorAtlasが提供する地磁気を使った屋内測位機能を実装することで、GPSの電波が届かない場所でも測位を可能にした。さらに、新宿駅、渋谷駅、東京駅の3駅の屋内・地下街地図情報を新たに採用することで、地磁気による測位機能と併せて屋内でのルート案内が可能になった。迷路のように複雑化したターミナル駅構内から、目的地までの最適なルート案内が可能になったという。

Yahoo!地図における屋内・地下街の現在地確認機能は、Android版(Android 4.3以上)で提供する。iOSでは屋内・地下街の位置確認はできないが、屋内地図の表示や利用すべき改札名、出口名などの情報は利用できる。

同時に、Yahoo!地図の「ルート案内」機能をリニューアルしたこともアナウンスした。リニューアルにより、カーナビのように現在地に応じて地図や案内が自動で切り替わるようになった。また、目印となるポイントと次のポイントまでの距離を示して案内する機能、設定したルートから外れたり案内した電車などに乗り遅れそうになったりした場合には、ルートの再検索の案内を示す機能も追加した。ルート案内のリニューアルは、iOS版、Android版の双方で実施した。

【報道発表資料】
「Yahoo!地図」アプリ、新宿駅などの駅構内で現在地確認とルート案内が可能に

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。

RELATED NEWS