WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)が進める「未来のバス(Future Bus)」開発プロジェクトの自動運転バスが、アムステルダム(オランダ)のスキポール空港から近郊の町ハーレム(Haarlem)までの約20キロメートルの区間を走るバスルートの走行に成功したことを、ダイムラー(Daimler)が欧州時間18日に発表した。

Engadgetなどが伝えたところによると、この自動運転バスが走行した路線バスのルートにはバス停や交差点、トンネルなどが含まれ、バス停では乗客の乗り降りも自動で行われた。このバスには人間のドライバーが緊急時に備えて乗車していたものの、バスは全区間を自動運転で走行することができたという。

メルセデス・ベンツの自動運転バスに搭載される「CityPilot」という自動運転技術は、もともとダイムラーがトラック向けに開発した「Highway Pilot」技術を元にしたもので、GPS、レーダー、カメラセンサーなどのデバイス類から得られたデータを利用しながら最高速度時速70キロメートルで走行可能。またこの車輌は、信号などの道路インフラと直接通信することも可能で、たとえば車載カメラで収集した路面状況のデータを他の車輌と共有することなどもできるという。

ダイムラーでは、世界的に進む都市化の流れを踏まえ、大都市圏での交通機関の効率化や道路渋滞の緩和などに役立つ「Bus Rapid Transit」システムを提唱し、この取り組みに自動運転バス活かしたい考えだという。

【参照情報】
World premiere: Mercedes-Benz Future Bus with CityPilot – a milestone on the way to the autonomous city bus - Daimler
Mercedes' autonomous bus makes a landmark trip on public roads - Engadget
Mercedes-Benz's semi-autonomous bus just passed its first major test - The Verge
Self-driving Mercedes-Benz bus takes a milestone 12-mile trip - TechCrunch

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら