WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

Apple Watch

「Apple Watch 2」、9月にも発表の可能性 - GPSや気圧計、防水機能を搭載か

2016.08.09

Updated by WirelessWire News編集部 on August 9, 2016, 14:28 pm UTC

アップル(Apple)が開発中の次世代「Apple Watch」(「Apple Watch 2」 )について、新型プロセッサやGPS、気圧計の搭載、防水機能の追加などを予想するレポートがリリースされ、一部の媒体で注目を集めている。

KGIセキュリティーズ(KGI Securities)アナリストのミン・チー・クオ(Ming-Chi Kuo)氏がまとめたこの投資家向けレポートによると、Apple Watch 2は現行機種と同様のデザインで、画面サイズや厚さもほぼ同じになるものの、内部にはTSMC製のより高性能なプロセッサが搭載されるほか、新たにGPSや気圧計、防水機能が追加され、さらにバッテリー容量も大きくなる。なお、LTE通信機能が追加されるのは2017年に発売されるモデルになる見通しだという。

いっぽう、クオ氏は第1世代のApple Watchもアップグレードが実施され、「Apple Watch 2」と同じプロセッサや防水機能が追加されるいっぽう、GPSや気圧計は搭載されないと予想しているという。なお、Apple Watch 2の発売に伴い、現行機種の価格が100ドル引き下げられ、200ドルを切る価格設定になる可能性もあるという。

なお、アップルは新商品発表会を9月6日または7日に行い、発表したiPhoneやApple Watchを9月16日に発売する可能性が高いと同レポートでは予想されているという。

アップルは2015年3月にApple Watchを発売し、それ以降何度かOSのアップデートを行ってきたが、ハードウェアのアップデートはまだ実施していない。

【参照情報】
Faster Apple Watch 2 With GPS, Barometer, Larger Battery, and Same Thickness to Launch Later This Year - MacRumors
KGI: New Apple Watch 2 coming late 2016 with GPS, better waterproofing and improved performance, retain same design - 9to5 Mac
Apple Watch 2 coming this year with faster processor, GPS, and more: report - The Verge

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら