WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

アップル(Apple)が米国時間29日、9月7日に開催する新製品発表イベントの招待状を報道関係者に向けて送付した。

今回のイベントは、米国時間7日の午前10時からサンフランシスコのビル・グラハム・シビック・オーディトリウムで開催されるが、各媒体ではそのなかで「iPhone」(「iPhone 7」)や「Apple Watch」の新機種などが発表される見通しとされている。

この話題を採り上げたThe Vergeでは、招待状の写真や文言にのなかに発表される「iPhone 7」の機能などを示唆するヒントが隠されているとし、具体的には暗色の背景上にボケ気味の光の和が浮かんだ招待状の図柄について、「iPhone 7 Plus」への採用が噂されるデュアル・カメラシステムが暗所での撮影に優れていることや「ボケ味」のある写真を撮影できることを示していると推測。また「See you on the 7th」の文言が「iPhone 7」を意識したものではないかとも述べている。

いっぽう、同じ招待状に触れたBloombergでは、「ひときわ明るい2つの光の部分がデュアルレンズを示唆している」と指摘するBGCパートナーズのアナリストの見方も紹介されている。

なお、「iPhone 7」ではこのほか、イヤフォンジャックの廃止や感圧タッチ式のホームボタンの採用なども予想されている。

iPhoneはアップルの売上全体の約3分の2を稼ぎ出す同社の主力事業だが、スマートフォン市場の成熟化、なかでも中国での新規需要の一巡などに伴い、今年に入って2四半期続けて販売台数が前年割れとなっていた。また、来年に投入される新機種でハードウェア関連の大幅な変更が実施されるとする噂もすでに流れており、スマートフォン全体の買い換え周期が長くなるなか、外見などは小規模な変更に留まるとされる「iPhone 7」がどの程度の買い換え需要を喚起できるかなどにも注目が集まりそうだ。

【参照情報】
Apple Sends Invitations for September 7 Product Event - Bloomberg
Apple Sets Event for Sept. 7 - WSJ
Let's overanalyze the Apple event invite - The Verge

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら