WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

アップル(Apple)が米国時間7日に発表した新型iPhone(「iPhone 7」「同7 Plus」)の予約件数について、米携帯通信市場3位のT-モバイル(T-Mobile USA)ならびに同4位のスプリント(Sprint)ではこれまでの新型iPhoneの記録を大きく上回っていることが同13日に明らかになった。

T-モバイルのジョン・レジャー(John Legere)CEOはTwitterを通じて、同社が受け付けた「iPhone 7」の予約件数が過去最高だった2014年の「iPhone 6」の約4倍に上っていることを明らかにしている。

いっぽう、スプリントのマルセロ・クラウレ(Marcelo Claure)CEOもBloombergに対し、新型iPhoneの予約件数が前年に比べて約4倍に達したとコメントしていう。なお、AT&Tおよびベライゾン(Verizon)の「iPhone 7」予約件数はいまのところ明らかになっていない。

アップルでは今年に入って、2四半期連続でiPhoneの販売台数が前年を下回っていた。また「iPhone 7」は、その外見が2年前に発表された「iPhone 6」とほぼ変わっていないことやヘッドフォン端子が省かれたことなども手伝い、発表後には売れ行きを不安視する声も一部で上がっていた。

米4大携帯通信事業者では、既存ユーザーが保有する「iPhone 6」「同6s」の下取りおよび2年契約を条件に「iPhone 7」32GBモデルを無料で提供するプロモーションを発表。またT-モバイルとスプリントでは、同端末の販売開始に合わせて新たな無制限データプランを発表している。

なお、ジョン・レジャー氏のツイートやT-モバイルの発表を受けて、アップルの株価は一時3.2%上昇していたとBloombergは記している。

【参照情報】
T-Mobile Chief Legere Says iPhone 7 Order Rate Breaks Record - Bloomberg
T-Mobile Says iPhone 7 Preorders Smashed Sales Record - Fortune
Sprint, T-Mobile iPhone pre-orders boost Apple shares - CNBC(Reuters)

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG