2017年3月に512Mbps、2017年度以降に1Gbpsへ、ドコモがネットワーク高度化

2016.09.14

Updated by Naohisa Iwamoto on 9月 14, 2016, 06:43 am JST

NTTドコモは2016年9月13日、LTE-Advancedを高度化することで受信時最大500Mbps以上のサービスを2017年3月に提供すると発表した。サービス開始時点から、東京23区、名古屋市、大阪市をはじめとする70都市、約1100局で一斉に提供する。

ドコモが新しく提供するのは、2つの技術を利用したサービス。1つは、より多くのデータを一度に運べるようにする変調多値化の技術で、既存の「64QAM」から「256QAM」へと変調方式を変える。一度に運べるデータ量が、6ビットから8ビットに増えることで、約1.33倍の高速化が可能になる。現在、受信時最大375Mbpsのサービスを提供しているFDD方式のLTE-Advancedに適用することで、受信時最大500Mbpsに高速化する。

もう1つは、基地局と端末のアンテナ数を増やすMIMOの拡張。これまで基地局と端末のそれぞれに2本のアンテナを利用して2×2 MIMOを採用していたが、それぞれ4本のアンテナを利用する「4×4 MIMO」を採用する。これにより、3.5GHz帯のTDD方式のLTE-Advancedで提供している受信時最大370Mbpsのサービスを、512Mbpsへ引き上げる。

また、その後のロードマップとして、キャリアアグリゲーションやMIMOのさらなる拡張によって、2017年度以降に受信時最大1GbpsのLTE-Advancedサービスを提供する計画を明らかにした。

【報道発表資料】
1Gbps通信の実現に向けたドコモのネットワークの進化

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。

RELATED NEWS