ボーダフォンが、ヤマハ初のコネクテッドスクーターの欧州展開をサポート

2016.11.28

Updated by Kyodo News PR Wire(プレスリリース) on 11月 28, 2016, 09:15 am JST

AsiaNet 66622

2016年11月22日

ボーダフォンが、ヤマハ初のコネクテッドスクーターの欧州展開をサポート
ヤマハの新TMAXにMy TMAX Connectを標準装備、スクーターへのリモートアクセスを可能に
ボーダフォンの盗難車両追跡とリカバリーサービスで盗難を防止

ボーダフォンは、ヤマハ初のコネクテッドスクーターとなるTMAX SXおよびTMAX DXモデルに、内蔵型テレマティクスシステムを提供することを発表しました。TMAX SXおよびDXには、専用のモバイルアプリケーションから利用可能なリモートアクセスサービスのMy TMAX Connectが標準搭載されています。これにより、スクーターのライダーは、遠隔からスクーターの位置を確認したり、バッテリーが減っている場合にアラートを受け取ったり、クラクションやウィンカーを作動させることができます。

また、TMAX SXおよびTMAX DXは、ボーダフォンの盗難車両追跡およびリカバリーサービスによって、バイクを盗難から守ります。このサービスは、24時間365日、盗難アラートを管理するセキュリティオペレーティングセンターを活用し、警察機関と連携することでヨーロッパ全域において盗難車両を取り戻すことを可能にします。

ボーダフォン、IoT事業部門担当ディレクター、イヴォ・ルーク(Ivo Rook)は次のようにコメントしています。「ヤマハの新しいスクーター向けにこの機能を実現することで、当社は、顧客に提供できる新たなサービス領域を開拓することができました。”モノ”と”モノ”がより多様に接続されることにより生み出される価値とライフスタイルにもたらされる変革は、エンドユーザーや企業により認識されるようになってきました。これは、私達を取り囲む世界を変えていくことになるでしょう。」

ボーダフォンについて
ボーダフォンは世界最大規模の通信会社で、音声、メッセージング、データ、固定電話を含む幅広い通信サービスを提供しています。当社は、世界約26カ国でモバイル通信事業、17の市場で有線ブロードバンド事業展開し、世界中のおよそ52以上のモバイルネットワークと連携しています。ボーダフォンは、2016年6月30日現在、約4億6,500万人の携帯電話の加入者を有し、有線ブロードバンドサービスを1,370万社に提供しています。
ボーダフォンのIoT事業に関する詳細は、 www.vodafone.com/business/iot/japan をご確認ください。

(日本語リリース:クライアント提供)

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

共同通信PRワイヤー

「通信社」が運営する、国内唯一のプレスリリース配信サービスです。新聞・雑誌・テレビ・ラジオ・オンラインメディアとの堅固な信頼関係のもと、報道機関ならではのノウハウで、お客様のプレスリリースを確実にお届けします。WirelessWire Newsでは、共同通信PRワイヤーに配信されたプレスリリースのうち、IoTに関連するニュースをピックアップして配信します。

RELATED NEWS