フィデルテクノロジーズが新興LinguaNext買収で多言語サービスを拡大

2016.12.02

Updated by Kyodo News PR Wire(プレスリリース) on 12月 2, 2016, 05:23 am JST

AsiaNet 66726 (1558)

【プネー(インド)2016年11月30日PR Newswire=共同通信JBN】
*新会社のLinguaSolがアジアでマネージド・ランゲージ・サービスを展開へ

LinguaSolはウェブとモバイルのアプリケーション、ウェブポータル、ウェブサイト、法人製品を翻訳するため、米国特許技術とフィデルテクノロジーズ株式会社(Fidel Technologies KK)の翻訳サービスを合わせて提供する。この独自の技術は元のアプリケーションを変更することなく、ウェブサイトとモバイルアプリを翻訳する。オートメーションと人工知能(AI)によってモバイルアプリやウェブサイトに、ミドルウエア・ソリューションのLinguifyを素早く統合させ、デリバリーする。

LinguaSolはソフトウエアのSaaSと従来のライセンス方式を導入する計画で、顧客は使用した分だけ支払い、結果としてローカライズと市場参入のコストを節約できる。この新料金体系によって、日用消費財(FMCG)やeコマースの企業、中小企業、新興企業はウェブサイトとアプリケーションを現地の言葉にローカライズし、新しい顧客にアクセスすることがずっと楽になる。

LinguaSolのディレクター兼最高経営責任者(CEO)のスニル・クルカルニ氏は「世界的に見て消費者はその土地の言葉でやりとりするのを好む。新しいインドの消費者も同じ要望で、幸運にも技術の進歩によって、その要望にはるかに速く合理的なコストで応えられるようになった。最近実施された廃貨の状況下で、インドの田舎でもデジタルウォレット(電子財布)の普及が進んでいる。メニューだけでなくカタログやコンテンツも現地の言葉で表されるなら、こうしたソリューションはもっと速く採用されるだろう」と述べた。

「さらにこの新しいマネージド・サービスによって、顧客がスムーズな画面操作を体験し、2-4週間という可能な限り最短の時間で事業を翻訳できるようにしたい」という。

「わが社は政府機関と折衝して密接に協力し、現地の言語で利用できる技術ベースのソリューションを創ることで、“メイク・イン・インディア”とファイナンシャル・インクルージョン(金融包摂)を支援する」と付け加えた。

ローカライゼーションは世界で360億ドル規模の産業になり、企業は世界進出を望んでいる。同時にローカライゼーションは従来の方式ではコストが高く、実施に時間がかかり、企業には実施するのが難しい。データの動きが速いウェブサイトやモバイルアプリのニーズに、典型的な翻訳専門会社は応えられない。今回のソリューションとサービスの合併は、グローバルな顧客がこの独自のソリューションとサービスに同時にアクセスできることにメリットがある。

LinguaNext(リングアネキスト)は2010年にラジブロチャン・パドケ氏が設立した。その技術は国有銀行やMy LPGガス・ポータル、石油・ガスPSUでの事業成功で実証されている。パドケ氏はLinguaSolの技術開発でも中心になる。

http://www.linguasol.net

▽フィデルテクノロジーズについて
フィデルテクノロジーズ株式会社(Fidel Technologies KK)は日本企業(2001年以降)で、フィンテックやIoT、ローカライゼーションの分野で世界のクライアントと協力している。同社はその製品とサービスによって、2008年からローカライゼーションのサービスを始め、例を挙げるとIBM、パナソニック、Xiomi、SAP、ピアソン(Pearson)など成功したソーシャルメディアブランドや製品企業を含むクライアントと働いている。

ソース:LinguaSol

Japanese Company Fidel Technologies KK Acquires Tech Start-up LinguaNext to Expand its Multilingual Services & Solutions Portfolio

PR66726

PUNE, India, Nov 30, 2016/PRNewswire=KYODO JBN/ —

‘LinguaSol’, the New Entity Will Offer Managed Language Services Across Asia

LinguaSol will offer its US Patented technology & Fidel’s translation services
together to linguify (translate) web & mobile applications, web portals,
websites and enterprise products. This unique technology translates websites or
mobile apps without changes to underlying application. Automation & AI allows
faster integration & delivery of the Linguify middleware solution with mobile
applications or websites.

‘LinguaSol’ plans to introduce software as a service (SaaS) model besides the
traditional license model whereby customers will pay as they use, resulting in
a cost-effective way to localize and go to market. With this new pricing model,
it will be further easy for FMCG, E-commerce, SMEs and start-up companies to
localize websites & applications into local languages to reach new customers.
LinguaSol will take complete ownership, management & maintenance of website
translation.

Mr. Sunil Kulkarni (Director & CEO) of LinguaSol states that globally consumers
prefer to transact in their local languages. We see the new Indian consumer
demanding the same and fortunately, technology allows us to do so now at a much
faster rate & at a reasonable cost. In the recent case of de-monetization, even
in rural India, there is a push to adapt to digital wallets. These solutions
will get adapted faster provided these are offered in regional languages by
translating not just the menu but the catalogue & the contents.

Further with this new managed services model, we want our customers to have a
seamless one-window experience & linguify their business in a shortest possible
time of 2 -4 weeks.

We support the ‘Make in India’ & the financial inclusion initiative by making
the technology-based solutions available in local languages by approaching
government agencies and work closely with them.

Localization is a 36 billion $ industry globally and companies want to go
global. At the same time, traditional methodologies, increase the cost as well
as time to deliver and make it difficult for enterprises to embrace
localization. Typical pure-play translation companies cannot address the need
of a dynamic data website or mobile application. This merger of solutions and
services will benefit global customers as they have access to this unique
solution and the services together.

LinguaNext was founded by Mr. Rajeevlochan Phadke in 2010. Its technology has
been proven with successful implementations in nationalised banks, My LPG gas
portal, oil & gas PSUs. Rajeevlochan will continue leading technology
development in LinguaSol.

http://www.linguasol.net

About Fidel Technologies:

Fidel Technologies KK is a Japanese firm (since 2001) & works with global
clients in the areas of FinTech, IoT & Localization. It has a portfolio of
products & services. Fidel is in the localization services since 2008 and works
with clients including successful top social media brands as well as product
companies like IBM, Panasonic, Xiomi, SAP, Pearson to name a few.

SOURCE: LinguaSol

メールマガジン購読WirelessWire News メールマガジン

おすすめ記事を配信する『WirelessWire Weekly』と、閲覧履歴を元にあなたに合った記事をお送りする『Your Wire』をお送りします(共に週1回)
配信内容を詳しく見る

共同通信PRワイヤー

「通信社」が運営する、国内唯一のプレスリリース配信サービスです。新聞・雑誌・テレビ・ラジオ・オンラインメディアとの堅固な信頼関係のもと、報道機関ならではのノウハウで、お客様のプレスリリースを確実にお届けします。WirelessWire Newsでは、共同通信PRワイヤーに配信されたプレスリリースのうち、IoTに関連するニュースをピックアップして配信します。

RELATED NEWS

RELATED TAG