フィールド イメージ

KDDI、中部電力など、LPWAを活用した中小企業のIoT事業創出に向け取り組みを開始

2017.04.28

Updated by Asako Itagaki on 4月 28, 2017, 09:20 am JST

KDDI、中部電力、中小企業基盤整備機構中部本部(以下中小機構中部)、シスコシステムズ(以下シスコ)は、中部エリアで中小企業の事業創出を目的としたIoTビジネスパートナーの募集を開始する。

対象はLPWAネットワークを活用したサービスやビジネスアイデア、LPWAネットワークを活用したシステム。共同で実証実験ができるパートナーを募集する。KDDIと中部電力がパートナーの募集選定およびLPWAネットワークの構築・実証実験を実施する。シスコはLoRaWAN ネットワークの構築を支援する。中小機構中部は同機構が運営するマッチングサイト「J-GoodTech(ジェグテック)」を活用して、この取り組みを支援する。

募集期間は2017年4月26日から9月29日まで。応募対象は中小企業、中小企業支援機関、業界団体などで、中部地方以外からも応募できる。なお、6月15日に、名古屋市内にて事業紹介イベントを開催する。LPWA活用事例の紹介や企業のマッチングなどを行う予定。

KDDIはこれまでもさまざまな方式のLPWAネットワークを活用した実証実験に取り組んでいる。2016年にはエリクソンと共にLTE版LPWAである「LTE-Cat-M1」および「NB-IoT」の検証を実施し、2017年度中に商用サービス開始の意向を示している。2017年2月から2018年1月まで、Sensus Japanなどと共に、280MHz帯を利用するIoT通信規格「FlexNet」を用いて、山間部(箱根)での遠隔水道検針実験を行っている。

アンライセンスバンドの規格についても、2017年3月からは、京セラコミュニケーションズなどと共に「SIGFOX自動検針コンソーシアム」で兵庫県姫路市島しょ部におけるSIGFOXを活用した自動検針システムの導入・実用化に向け準備を進めている。また、同じく2017年3月からは、明電舎と共に、神奈川県厚木市で、LoRaWANを利用して、マンホールに設置したセンサーによる下水道の内水氾濫による浸水監視を行っている。

【関連情報】
LPWA活用サービス事業創出イベント 6/15開催イベントの開催概要と参加申し込みフォーム
J-GoodTech (ジェグテック) ※4/28現在、本件に関する情報は掲載されていない

【報道発表資料】
KDDI、中部電力、中小機構中部、シスコがIoTによる中小企業の事業創出の取り組みを開始

【参照情報】
KDDIとエリクソン、Low Power Wide Area技術の共同検証を実施
IoTを活用した山間部での遠隔水道検針に関する技術協力について
新技術「LPWA (注1)」による自動検針の実用化へ
LPWAを活用した浸水監視サービスの実証実験の開始について

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

板垣 朝子(いたがき・あさこ)

WirelessWire News編集委員。独立系SIerにてシステムコンサルティングに従事した後、1995年から情報通信分野を中心にフリーで執筆活動を行う。2010年4月から2017年9月までWirelessWire News編集長。「人と組織と社会の関係を創造的に破壊し、再構築する」ヒト・モノ・コトをつなぐために、自身のメディアOrgannova (https://organnova.jp)を立ち上げる。