WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

LATEST NEWS

なぜ日本からは画期期なFintechが登場しないのか?

イギリスを始めとして欧州では、ここ数年フィンテックのサービスが大盛況でありますが、それには欧州特有の理由もあります。 イギリスはまだマシなのですが、欧州大陸の方は銀行のサービスがかなり雑です。 私が住んでいたイタリアの場 […]

2019.08.19

リクナビの「内定辞退データ」が提示する日本企業の内向きさ

前回は、リクナビが就活生のサイト閲覧歴等のデータを加工して、「内定辞退率」予測を作成し、「リクナビDMPフォロー」として大手企業に販売していた件がGDPR違反になるかどうかを検討しましたが、この事件は、実は個人情報保護問 […]

2019.08.18

リクナビの「内定辞退データ」はGDPR違反となるか

最近、日本では相次いで「ユーザーの個人データをユーザーの合意無しで、企業が商用目的で使用していた」という例が続出しています。 代表例の一つは、リクナビが就活生のサイト閲覧歴等のデータを加工して、「内定辞退率」予測を作成し […]

2019.08.18

Google Maps、タクシー利用者向けの新たな安全機能をインドでテスト ほか

Google Maps、タクシー利用者向けの新たな安全機能をインドでテスト【The Verge 6/10】 グーグルが自社の地図アプリ「Google Maps」上で、ユーザーの乗る自動車やタクシーが目的地までのルートから […]

2019.06.24

欧州デジタル広告業界のGDPRフレームワーク

欧州のデジタル広告業界団体であるIAB Europeが、 Transparency & Consent Framework Policiesを発表しましたが、現在バージョン2.0のパブリックコメントを募集していま […]

2019.04.30

楽しさを創造するDXを推進

まもなく通信会社がどこなのかを意識しなくなる5G時代が到来する。このとき各オペレータはどのような戦略をとるのか。社外の大企業とのコラボレーションを次々と実現するKDDI・ライフデザイン事業企画本部 ビジネスインキュベーション推進部長、中馬和彦氏にその方向性を聞いた。

2019.04.03

GDPRが象徴するBrexitが起きた理由

イギリス議会はEU離脱協定案に関する採決を行い、反対多数で否決ましたので、合意なき離脱に突入する可能性がかなり高くなっています 。 イギリス国内の状況というのは、日本での報道に比べると安定していますが、GDPRは、なぜイ […]

2019.03.31

合意なき離脱の場合のGDPR対応キーポイント

イギリス議会は、EU離脱協定案に関する採決を行い、反対多数で否決ましたので、合意なき離脱に突入する可能性がかなり高くなっていますが、企業はどんな対策をとるべきか再確認しましょう。 合意なき離脱の場合のGDPR対応キーポイ […]

2019.03.31

中央線遅延から考えた日本のITの生産性が最悪な理由

2月25日の月曜日の朝から、停電のために中央線と総武線が朝の通勤時間帯に止まってしまい、散々な目にあった方が多いのではないでしょうか。 Twitterをのぞくと三鷹やその他の駅で、改札口やプラットフォームに入れない人の写 […]

2019.02.25

GDPRを企業のイメージ向上に生かす

GDPR対応が一段落したという企業も多いと思うのですが、2018年は英語圏ではBAやEquifaxによる大規模データ流出が話題になりました。 思ったほど報道されていませんが、日本では財務省によるマイナンバーデータの流出や […]

2018.12.30

ARCHIVES