WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

地図 検索 子供 イメージ
潜水 海底 イメージ
インド タクシー 運転手 イメージ

LATEST NEWS

カスタマイズ検索で「Google Maps」への対抗を目指す「Nexit」 ほか

「Google Maps」、iOSアプリにシークレットモードを追加【The Verge 12/9】 グーグルは米国時間12月9日、iOS向けの「Google Maps」アプリにシークレットモードを追加したことを発表。今年 […]

2020.01.16

Society 5.0を実現するモビリティとロボットが織りなす近未来イノベーション

新たな価値やサービスが次々と創出され、人々に豊かさをもたらす「Society(ソサエティ)5.0」を目指して、いま日本政府はあらたな国づくりを進めようとしている。実際にSociety 5.0で活躍しそうな多くのプロダクトも登場しつつある。ここでは、地方創生や働き方改革にも活用でき、近未来のイノベーションにつながりそうなモビリティとロボットについて2019年10月に開催されたCEATEC 2019の展示内容から紹介する。

2020.01.07

シェアリングエコノミーはシリコンバレー的

前回の記事では、イギリスの北部でシェアリング自転車のサービスがうまくいなかかった件をご紹介しました。 こういうビジネスというのは、ユーザーの性善説に基づいてコンセプトが設定されています。 図書館や公衆浴場といった公共の空 […]

2019.12.14

なぜシェアバイクは英マンチェスターでうまくいかなかったか

前回は、電動スクータービジネスはメンテ費用がかさむのでどうもうまくいかなんじゃないか、という話を書きましたが、実は前例が存在します。この問題は、シェアリングエコノミーの設計思想自体の問題かもしれません。 その典型的な例は […]

2019.12.05

シェアリングスクーターは流行るのか?

今年は、シェアリングエコノミー系のビジネスの後ろ向きな話題が目立っていますが、最近気になったのが「Lyft」のシェアリングスクーター事業の縮小です。 一時期は、自転車の次はスクーターが来るんじゃないかという雰囲気でしたが […]

2019.12.04

世界中の海底のマッピングを目指すオーストラリアのスタートアップ ほか

自動潜航の潜水艦で世界中の海底のマッピングを目指すオーストラリアのスタートアップ【Business Insider 10/31】 メルボルンのスタートアップであるUAM Tec(Underwater Autonomous […]

2019.12.03

「Google Maps」、警察のスピード違反取り締まり区間の情報を共有可能に ほか

ヒュンダイ、デジタルマップ技術で米AIスタートアップと提携【Korea Herald 10/10】 ヒュンダイ・モーター・アメリカは現地時間10月10日、自動運転技術に必要なデジタルマップの作成で米フリートマネジメント・ […]

2019.11.08

UberEatsつけ麺事件で考えるギグ・エコノミーの盲点

先日、あるTwitterユーザーが注文したUberEatsのつけ麺が配達された際に、スープが溢れて台無しになっていたので受け取りを拒否したところ、ドライバーがお皿も何もすべてをマンションの共用部に放置していってしまった、 […]

2019.10.25

なぜ日本からは画期期なFintechが登場しないのか?

イギリスを始めとして欧州では、ここ数年フィンテックのサービスが大盛況でありますが、それには欧州特有の理由もあります。 イギリスはまだマシなのですが、欧州大陸の方は銀行のサービスがかなり雑です。 私が住んでいたイタリアの場 […]

2019.08.19

リクナビの「内定辞退データ」が提示する日本企業の内向きさ

前回は、リクナビが就活生のサイト閲覧歴等のデータを加工して、「内定辞退率」予測を作成し、「リクナビDMPフォロー」として大手企業に販売していた件がGDPR違反になるかどうかを検討しましたが、この事件は、実は個人情報保護問 […]

2019.08.18

ARCHIVES