Nok Nok Labsが富士通とのグローバルレベルの業務提携を発表、日本市場におけるFIDO認証の普及を加速

2017.06.16

Updated by Kyodo News PR Wire(プレスリリース) on 6月 16, 2017, 07:00 am JST

2017年6月15日

AsiaNet 68744

【パロアルト(米カリフォルニア州)2017年6月15日PR Newswire】
*日本のテクノロジー市場リーダーがNok Nok Labsの認証ソリューションを、その世界中の顧客ベースに販売へ

FIDO Allianceの創設メンバーであり、新しい認証分野におけるイノベータであるNok Nok Labs(https://www.noknok.com/)(ノックノックラブス、以下NNL、米国カリフォルニア州パロアルト、社長兼CEOフィリップ・ダンケルバーガー)は本日、最大級の日本の情報通信技術(ICT)企業である富士通と提携し、協業していくことを発表します。富士通は、グローバルな付加価値再販業者(VAR)として、NNL(TM)S3 Authentication Suite(エヌエヌエル エススリー オーセンティケーションスイート)を活用しエンドツーエンドのFIDO*1(ファイド。Fast IDentity Online)認証を日本市場および世界の顧客ベースに供給していきます。

日本市場において最大級のシステム・インテグレーター(SI)である富士通は、同社のオンライン生体認証サービス(Online Biometric Authentication Service)の一部としてこのNNLソリューションを活用しています。同サービスは、オンラインサービスをエンドユーザーに提供する企業に対し、FIDO(R)準拠の強力な認証を実装するために必要なソフトウエアやサーバーを提供しています。富士通はこのインテグレーションを通じて、NNLのテクノロジーを有効活用することが可能となり、大規模な統合認証ソリューションの容易な導入を実現します。

「われわれは、より安全なオンライン認証フレームワークの必要性が高まる中で、今回の提携の開始により、日本および世界のより多くのユーザーに生体認証を提供できるようになることに大いに期待しています。」とNNLの社長兼CEOであるフィリップ・ダンケルバーガーは述べています。「われわれは富士通と協力して、世界の100カ国以上の顧客が、より強固な生体認証環境を実現することを支援していきます。」

富士通の顧客は、NNL S3 Suiteを活用することで、オンラインバンキング、ショッピング、チケット手配、カーシェアリングなど、日常の様々な場面でパスワードの使用を不要にすることを可能にし、堅牢なセキュリティーを備えたオンライン個人認証システムを容易に構築することができるようになります。また、このオンライン生体認証サービスでは、スマートフォンに搭載されるカメラなどの標準機能を利用した顔認識や、その他の生体認証でFIDO認証を利用することもできるため、対象となるクライアント側の対応機器を飛躍的に拡大することができます。

「Nok Nok Labsのようなイノベーターと提携することで、富士通の顧客が強固な生体認証基盤を実現することを支援し、結果としてユーザー名とパスワードの必要性を取り除き、より良いプライバシーやセキュリティーを実現、さらにシームレスなユーザー体験を提供することが可能になります。」と富士通の副社長兼イノベーティブIoT事業本部フロントデジタルサービス事業部長の江尻道彦氏は述べています。「このソリューションの活用により、日本の金融業界の顧客がデジタル変革を行い、競争上の優位性を高めることを可能にします。最終的には世界中の様々な業界においても、幅広く活用されていくことになるでしょう。」

NNLは、欧州・中東・アフリカ、北米、ニュージーランドおよびオーストラリアでの富士通の顧客に対しても今回の提携を世界的に拡大していく計画です。富士通のオンライン生体認証サービスは2017年4月1日に利用開始となっています。同サービスに関するより詳細な情報は(http://www.fujitsu.com/jp/solutions/innovative/iot/bio-sensor-auth/)をご参照ください。

NNLのチャネル・パートナーとなることに興味をお持ちの場合は、(https://www.noknok.com/partners/channel-partners)をご参照ください。

▽Nok Nok Labsについて
Nok Nok Labsは、企業がFIDOおよびその他の仕様をサポートする標準ベースのソリューションを使用して、統一されたアプローチを取ることを可能にします。これにより、企業はモバイル・アプリケーションおよびウェブ・アプリケーションに対し、使いやすく安全な認証インフラストラクチャーを実現することが容易になります。Nok Nok Labs S3 Authentication Suiteを活用することにより、企業は業績を伸ばし、不正を減らし、セキュリティーとプライバシーを強化することが可能になります。 Nok Nok LabsはFIDO Alliance創設メンバーの一社であり、NTTドコモ、Paypal、Alipay*2、Samsung、Lenovoなどの業界をリードする顧客およびパートナーもFIDO Allianceに加盟しています。より詳しい情報は www.noknok.comをご参照ください。

*1: FIDO: Fast IDentity Onlineの略で、FIDO Allianceは公開鍵暗号と生体認証等の技術を利用したオンライン上の新しい認証方式の標準化を推進しています。

*2: FIDO Allianceに加盟しているのはAlibaba Groupで、AlipayはAlibaba Group企業の1社です。

▽報道関係問い合わせ先
Colleen Williams
Merritt Group
+1-703-390-1514
NNLPR@merrittgrp.com

ソース:Nok Nok Labs

(日本語リリース:クライアント提供)

【リリース全文】
http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201706152765/

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

共同通信PRワイヤー

「通信社」が運営する、国内唯一のプレスリリース配信サービスです。新聞・雑誌・テレビ・ラジオ・オンラインメディアとの堅固な信頼関係のもと、報道機関ならではのノウハウで、お客様のプレスリリースを確実にお届けします。WirelessWire Newsでは、共同通信PRワイヤーに配信されたプレスリリースのうち、IoTに関連するニュースをピックアップして配信します。

RELATED NEWS