WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

ECOncrete Inc.(ECOncrete Concrete Ecological Solutions)

生態系に優しい海中コンクリート「ECOncrete」

2017.12.26

Updated by WirelessWire News編集部 on December 26, 2017, 07:00 am UTC

イスラエルの「ECOncrete」(2012年設立)は生態系(エコシステム)に優しいコンクリート製品を開発している。消波ブロックや桟橋、橋脚などの海岸の設備に適用し、人と自然との共存を図るのが目的。

ダイバーが海に潜ると、コンクリートの人工物が自然を破壊していることに気づかされる。海洋生物学者のShimrit Perkol-Finkel博士も、世界の海に潜ってその光景に落胆していた。

そこで考えたのが表面に模様があり、藻や貝など海洋生物にとって魅力的な3Dデザインのコンクリート構造物。小さな魚のために穴も開けて、隠れる場所も人工的に作った。これを使って海中の構造物を作れば、表面は海洋生物に覆われ、魚が住み着き、現地の生態系への影響が抑えられる。

すでに世界各国で導入され始めており、同社は単にコンクリート製品を売るだけではなく、海洋生物学者や生態学者の協力の下、人工の岩礁を作るための現地調査、コンサルティング、導入支援などを包括的に行っている。

景観を守るために携帯電話基地局の鉄塔を樹木に擬する取り組みは、日本でも海外でも以前から行われているが、ECOncreteの取り組みは、この鉄塔に鳥や昆虫が巣を作れ、菌糸類や植物が育てられるようにするというものだ。海岸だけでなく、堤防など治水のための河岸の構造物にも応用できそうだ。

水の中だけでなく、陸上にも人間が暮らすために山を削り、樹木を伐採して作った構造物が溢れている。表面を見直すことで、地上にも今後、昆虫や植物に優しい壁や塀が生まれてくるかも知れない。

イスラエルイノベーション IRI イスラエルイノベーション特集の狙い

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら