WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

ペサハの小麦断ち明けを祝う「ミムナ」(Mimouna)

ペサハの小麦断ち明けを祝う「ミムナ」(Mimouna)

2018.05.11

Updated by WirelessWire News編集部 on 5月 11, 2018, 09:50 am JST

過ぎ越しの祭り「ペサハ」で小麦粉断ちの辛い一週間を乗り越えた日の日没直後、近年イスラエルではモロッコ系ユダヤ人の伝統パーティー「ミムナ(Mimouna)」で祝うことが流行っている。

ムフレッタ(Mufletta)というモロッコ式のクレープに蜂蜜とバターをつけて巻いて食べたり、甘く良い年になることを祈念して砂糖漬けのフルーツ菓子をたくさん並べ、モロッコの伝統衣装を着て踊ったりして祝う。

家族単位の小さなパーティーであったり、屋外で何万人も集まる大型イベントが行われたり様々だ。ニュースでは毎年、大統領や首相がセファラディ系(中東系、北アフリカ系)の政治家に招待される様子が報道され、友好関係をアピールする政治イベントにも利用されている(例えば以下は、ネタニヤフ首相が写っている2015年のニュース)。

▼ムフレッタというモロッコ式のクレープ。蜂蜜やバターをつけて食べる。
ムフレッタというモロッコ式のクレープ。蜂蜜やバターをつけて食べる。

▼ムフレッタを焼くために、まずは水と小麦をこねてから少し休ませ、その後、1枚分の生地を丸めて油につける。
ムフレッタを焼くために、まずは水と小麦をこねてから少し休ませ、その後、1枚分の生地を丸めて油につける。

▼油を手につけながら、1枚ずつクレープの大きさに伸ばす。
油を手につけながら、1枚ずつクレープの大きさに伸ばす。

▼フライパンで片面を焼いたら、ひっくり返して次の新しい生地を重ねて焼くので、10枚くらい重ねて焼くことになる。
フライパンで片面を焼いたら、ひっくり返して次の新しい生地を重ねて焼くので、10枚くらい重ねて焼くことになる。

▼砂糖でカラフルにデコレーションされたアーモンドケーキ。スペインの名物マジパン(marzipan)に似ている。
砂糖でカラフルにデコレーションされたアーモンドケーキ。スペインの名物マジパン(marzipan)に似ている。

▼砂糖漬けのフルーツにシュガーコーティングしてあるものもある。
砂糖漬けのフルーツにシュガーコーティングしてあるものもある。

※写真提供:Yoko Yamaguchi氏(イスラエル在住)。

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら