WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

クラウド モバイル 通信 イメージ

クラウド、AIを活用、5G時代のソリューション創出の場をドコモが提供

2018.07.06

Updated by Naohisa Iwamoto on July 6, 2018, 10:40 am UTC

5G(第5世代移動通信システム)は、単にモバイル通信を高速にするというだけでなく、新しいソリューションの創出を支える技術として期待されている。そうした5G時代に求められるソリューション創出を推進する取り組みとして、NTTドコモが「ドコモ5Gオープンクラウド」を開始する。

ドコモ5Gオープンクラウドは、5Gの技術検証環境として2018年4月に開設した「ドコモ5Gオープンラボ」と、クラウドコンピューティングの設備を直結したもの。テレコムクラウドにより5Gのソリューションを検証することができる。開始時点で対象となるのは、「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参加する、NTTテクノクロス、ソニー、トレンドマイクロ、NEC、ヴイエムウェア、ワコムの6社。遠隔からクラウド基盤に接続した自社ソリューションを5G環境で実現するための技術的な検証や、クラウド基盤上でパートナーとドコモの技術を持ち寄ってソリューションを創出する場として活用できるという。ドコモでは今後、広くパートナーを募集していく。

具体的には、(1)5Gとクラウドを直結したテレコムクラウドの技術検証環境、(2)画像認識やAIエージェント基盤などのドコモの技術--をパートナーに提供する。画像認識では、物体検出や一般物体認識、商品棚認識の機能を提供、AIエージェント基盤では音声対話をさまざまなデバイスに簡単に実装可能にするクラウド基盤とSDKを提供する。2018年7月26日に供用を開始し、技術検証を始める。

ドコモでは、ドコモ5Gオープンクラウドによって開発されたソリューションや技術を、ドコモ5Gオープンパートナープログラムの参加企業・団体に向けて情報発信していく。それにより、ソリューション開発企業と、利用する企業・団体のビジネスマッチングを推進し、5Gとクラウド、AIによって多様な業界の課題解決につなげたい考えだ。

【報道発表資料】
5G時代のソリューション創出に向けた「ドコモ5Gオープンクラウド」の提供開始

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。