WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

ブラジル スマートフォン イメージ

物議を醸すブラジルの前大統領がファーウェイの5Gアドバイザーに就任(他2本)

5G News January 4th week,2021

2021.01.29

Updated by Wataru Nakamura on January 29, 2021, 07:00 am JST

台湾政府、国内の5G網の展開支援に570億円を投入へ【Light Reading 1/21】
台湾の立法院は現地時間1月21日、国内の5Gインフラ整備の助成に関する新たな法案を可決。この法案は、台湾政府が国内企業の5G網展開に最大で155億台湾ドル(約570億円)を援助することを可能にするもの。現地通信当局の国家通訊伝播委員会(National Communications Commission、NCC)によれば、台湾の大手通信事業者5社は今後4〜5年で1万6000基の5G基地局建設を計画しているものの、これは国内の5G需要を満たすには不十分だという。NCCでは、2026年の5G人口カバー率85%を達成するために今後2〜2年半で3万9000基の基地局整備を目標に掲げている。

原文:Taiwan govt preps $555M war chest to speed 5G rollout

シンガポール政府、国内の5G製品およびサービスの開発や採用の促進に新たな助成金【ZDNet 1/20】
シンガポールの情報通信メディア開発庁(Infocomm Media Development Authority)は先ごろ、同庁の「5G Innovation Programme」の一環で、国内の5G製品およびサービスの開発や採用の促進に新たに3000万シンガポールドル(約23億4000万円)の予算を確保。新たな助成金は、5G関連サービスの商用化促進や中小企業を含むより多くの地元企業への財政援助を目的としている。

原文:Singapore tops up 5G fund to drive product commercialisation

ファーウェイ、物議を醸すブラジルの前大統領を5Gアドバイザーに採用【Giz China 1/25】
中国のファーウェイは先ごろ、ブラジル前大統領のミシェル・テメル氏を現地の5G事業のアドバイザーとして採用。2016年8月〜2019年1月までブラジル大統領を務めたテメル氏は、汚職や資金洗浄などの疑いで起訴されているが、現大統領のジャイール・ボルソナーロ氏ともつながりがあり、米政府がブラジルの5G市場からのファーウェイ排除を求める中でブラジル国内での立場を強める狙いとみられる。

原文:HUAWEI HIRES CONTROVERSIAL FORMER BRAZILIAN PRESIDENT AS AN ADVISOR ON 5G

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

中村 航(なかむら・わたる)

1985年生まれ。福岡県福岡市出身。翻訳者。テクノロジーやファッション、伝統工芸、通信、ゲームなどの分野の翻訳・校正に携わる。WirelessWire Newsでは、主に5G、セキュリティ、DXなどの話題に関連する海外ニュースの収集や記事執筆を担当。趣味は海外旅行とボードゲーム。最近はMリーグとAmong Usに熱中。