WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

DARPAが「サードウェーブ」のAI技術に投資 ほか

AI News July 5th week,2018

2018.07.31

Updated by Wataru Nakamura on July 31, 2018, 17:00 pm UTC

グーグル、オンデバイスの機械学習向けの小型AIチップを披露【The Verge】
グーグルはAI処理向けの新たなチップ「Edge TPU」を発表。このAIチップは、主に「トレーニング(学習)」に最適化された同社のサーバーベースのTPU(Tensor Processing Units)とは異なり、オンデバイスでの「インファレンス(推論)」に最適化したもので、工場における品質管理の自動化などエンタープライズでの活用を想定したものだという。

原文:Google unveils tiny new AI chips for on-device machine learning

ソフトバンク・ビジョン・ファンド、中国Sense Timeに10億ドルを投資へ【Reuters】
ソフトバンクグループのPEファンドであるビジョンファンドが、顔認識技術を開発する中国のSense Time(センスタイム)におよそ10億ドルを投資しようとしているとする話をBloombergが報じている。両社は現在、この取引の条件をまとめているところで、詳細については今後変更がある可能性があるという。センスタイムは今年4月にはアリババグループらから6億ドル、5月にはフィデリティ・インターナショナルらから6億2000万ドルの資金を調達していた。

原文:SoftBank's Vision Fund to invest $1 billion in China AI startup: Bloomberg

中国AIベンチャーのMegvii、アリババらから6億ドルを調達へ【Bloomberg】
「Face++」という顔認識システムを開発する中国のMegvii(メグヴィー)が、アリババグループやBoyuキャピタルなどの投資家グループから少なくとも6億ドルを調達するとする情報筋の話をBloombergが報道。今回の資金調達ラウンドは今後数週間で完了する見込みだという。メグヴィーは、アリババ傘下のEコマースプラットフォームであるAnt Finantial(アント・フィナンシャル)やレノボなどに顔スキャンシステムを提供している。

原文:Alibaba Joins $600 Million Round for AI Startup Megvii

DARPAが「サードウェーブ」のAI技術に投資【Futurism】
米国防高等研究計画局(DARPA)は現地時間7月20日、次世代のAI技術への投資プロセスを整える「Artificial Intelligence Exploration(AIE)プログラム」を発表。同プログラムでは、論理的なルールに従える「ファーストウェーブ」のAI(チェスをプレーするAIなど)、統計学習により特定の問題の解答を導ける「セカンドウェーブ」のAI(画像認識システムなど)からさらに進化し、統計学習から解答に至った理由を説明できる「サードウェーブ」と呼ばれるAIシステムへの投資にフォーカスするという。

原文:DARPA Is Funding Research Into AI That Can Explain What It's “Thinking”

バークレイズ、業務へのAI技術導入で英ベンチャーと契約【Finantial Times】
英大手金融機関のバークレイズ(Barclays)は先ごろ、トレーディングやレンディング、リスマネジメント部門の意思決定に英ベンチャーのシミュダイン・テクノロジー(Simudyne Technology)のシミュレーション技術を導入する契約を締結。シミュダインの技術は、可能性のある数百万ものシナリオをシミュレーションするコンピューターモデルの作成を可能にするものだという。

原文:Barclays signs up artificial intelligence to aid bankers

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら