WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

車 スマートフォン 通信 イメージ

ほとんどのGM車でOTAアップデートが可能に ほか

Automotive Cybersecurity News May 3rd week,2019

2019.05.24

Updated by Wataru Nakamura on May 24, 2019, 16:00 pm UTC

米サウスウェスト研究所、自動運転車のGPSスプーフィングへの脆弱性を合法的にテストするシステムを開発【EurekAlert】
米サウスウェスト研究所(Southwest Research Institute、SwRI)は現地時間4月30日、位置調整やナビゲーション、時間調整にGPS受信機を使用する自動運転車やその他のテクノロジーの脆弱性をテストするためのサイバーセキュリティシステムを開発したことを発表。偽のGPS信号でGPS受信機を欺くGPSスプーフィング(なりすまし)と呼ばれるサイバー攻撃の対策に役立てる。

原文:SwRI develops system to legally test GPS spoofing vulnerabilities in automated vehicles

GM、新たな電子プラットフォームを発表 - ほとんどのGM車でOTAアップデートを可能に【The Verge】
GMは米国時間5月20日、大量のデータを処理するために設計された新たな電子プラットフォームを発表。このシステムはスマートフォンのようなOTA(over-the-air、無線経由の)ソフトウェア・アップデートを可能にするもので、まずは2020年型キャデラック「CT5」に搭載されるほか、今後4年以内にほとんどのGM車に展開されるという。

原文:GM’s new ‘digital nerve system’ will enable over-the-air software updates on all vehicles

韓国KT、コネクティッドカー向けビジネスでデジタルセキュリティ企業のGemaltoと提携【NNA Business News】
韓国最大の携帯通信事業者であるKTは現地時間5月21日、オランダの通信モジュールメーカーのジェムアルト(Gemalto)と技術共有およびグローバル市場でのコネクティッドカー向けビジネスで提携することを発表。KTとジェムアルトは、KTのブロックチェーンベースのネットワークセキュリティプラットフォーム「GiGAstealth」を組み込んだコネクティッドカー向け通信モジュールの共同開発・提供で協力する。

原文:KT partners with digital security firm Gemalto to cooperate in connected car businesses

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら