WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

血液 検査 医療 イメージ

血液検査から死亡時期を予測 - マックス・プランク研究所らの新たな研究 ほか

Laboratory News September 2nd week,2019

2019.09.12

Updated by Wataru Nakamura on September 12, 2019, 07:00 am UTC

MITメディアラボ、ジェフリー・エプスタイン被告とのつながり判明で2人のトップ研究者が辞任【AP 8/22】
MITメディアラボやそのディレクターが、未成年者への性犯罪や売春あっせん疑惑で起訴されていた大富豪のジェフリー・エプスタイン氏から資金を受け取っていたことが明るみになったことを受け、同ラボのトップ研究者2人が辞任を表明する事態となっている。MITメディアラボのシビックメディアセンター所長のEthan Zuckerman氏および客員教授のNathan Matias氏の2人は、同ラボのエプスタイン氏との関係やその隠蔽を辞任の理由に挙げている。

原文:2 top researchers quitting MIT Media Lab over Epstein ties

MIT、ジェフリー・エプスタイン被告による寄付を調査中【CNN 8/23】
MITのラファエル・レイフ学長は先ごろ、売春あっせん疑惑で起訴されていた大富豪のジェフリー・エプスタイン氏に紐づくファンドから同大学が過去20年以上にわたって受け取ってきたおよそ80万ドルの寄付について調査中であることを明かした。また、MITはエプスタイン事件の被害者およびその他の性的虐待の被害者に向けたチャリティに同じ80万ドルを寄付するという。

原文:MIT says it's reviewing donations from Jeffrey Epstein

スタンフォード同窓生が立ち上げた自動運転トラックベンチャー、評価額10億ドル以上で2億ドルを調達【Bloomberg 8/21】
2016年にスタンフォードの同窓生グループが立ち上げた自動運転トラックスタートアップのプラスAI(Plus AI)が、10億ドル以上の評価額で新たに2億ドルの調達に近づいているという情報筋の話をBloombergが報道。中国最大のトラック共有プラットフォーム「満幇集団」が株主に名を連ねるプラスAIは、間もなくレベル2の自動運転機能を持つトラックを発表する見込みだ。

原文:Stanford Grads Near $1 Billion Value for Driverless Trucks

ケンブリッジ大発のバッテリースタットアップ、わずか6分でEVを充電できるバッテリー技術を開発【Electrek 8/28】
ケンブリッジ大からスピンアウトしたバッテリースタートアップのエチオン・テクノロジーズ(Echion Technologies)は、リチウムイオン電池に使われる黒鉛に代わる新たな粉末を開発。この粉末を利用したリチウムイオン電池は従来よりもはるかに高速で充電できるといい、新たなバッテリーは早ければ来年にも商品化できる見込み。

原文:Cambridge startup claims breakthrough electric car battery that can charge in 6 minutes

血液検査から死亡時期を予測 - マックス・プランク研究所らの新たな研究【TIME 8/21】
マックス・プランク研究所やライデン大学などの共同研究チームは先ごろ、「ネイチャー・コミュニケーションズ」誌に掲載した新たな研究の中で、あらゆる年齢の患者の5〜10年以内の死亡率を高い精度で予測できる血液検査について報告。同研究チームは4万4000人以上の患者に最長で16年の追跡調査を行い、血液サンプル中の226種類の代謝物質と死亡率との関連を分析した結果、死亡率と関わりが深い14種類の代謝バイオマーカー(生物指標化合物)が浮かび上がったという。

原文:We're One Step Closer to a Blood Test that Predicts When a Person Will Die

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら