WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

テクマトリックス

【ジャパンセキュリティサミット2020】テレワーク時代の環境急変に対応できるリモートアクセス環境を構築 −テクマトリックス−

2020.09.05

Updated by on September 5, 2020, 11:50 am JST

社内ネットワークからの利用を想定して作られていた従来のネットワークでは、ほとんどの従業員がテレワークでリモートアクセスしてくるような状況には耐えられない場合が多い。安全で迅速な対応をするにはどうしたらよいか

新型コロナウイルスの感染拡大は、在宅勤務などのテレワークの急増をもたらし、企業のリモートアクセス環境やインターネットゲートウェイにも変化と対応を求めるようになった。社内ネットワークからの利用を想定して作られていた従来のネットワークでは、ほとんどの従業員がテレワークでリモートアクセスしてくるような状況には耐えられない場合が多い。

それではとネットワークを急いで刷新しようとしても、ハードウエアのリモートアクセス装置やインターネットゲートウェイ装置を利用している場合は、急な利用者の増加への対応が難しいケースが多い。在宅勤務が義務付けられている中で、必要に迫られているとはいえハードウエアの交換などのために担当者や業者が“出社”することになるリスクもあった。

リモートアクセスやインターネットゲートウェイを実現するためには、従来のハード型の製品を導入する方法以外に、SaaS型のソリューションを採用する方法が登場している。リモートアクセスやインターネットゲートウェイの機能をサービスとして利用することで、拡張性やメンテナンス性を高め、同時にセキュリティも高いレベルで維持できるようになる。サービスとして利用するため、多拠点に展開する企業であっても、現地に出向くことなく遠隔から運用管理が可能なことも、コロナ禍の教訓を生かすことにつながる。

テクマトリックスは、次世代ファイアウォールをSaaSとして提供する「Prisma Access」で、リモートアクセスやインターネットゲートウェイの既存の課題に対応する。セキュリティ関連分野のオンラインイベントとして開催される「ジャパンセキュリティサミット2020」のテクマトリックスのオンラインセミナーで、次世代のリモートアクセスやインターネットゲートウェイのあり方を学んで、今後の企業ネットワークの新しい姿を考えてみたい。

参加申込(無料)

講演詳細<参加費無料>

講演タイトル:SaaS型次世代ファイアウォール 「Palo Alto Networks - Prisma Access」のご紹介
講演団体:テクマトリックス株式会社
登壇者:テクマトリックス株式会社 ネットワークプロダクツ営業2課 石川 留梨(いしかわ るり)氏

日 程:2020年 9月10日(木曜)14:00〜14:30
会 場:Teamsライブを利用したオンラインイベントです。peatixでお申し込みの方に事前に招待メールをお送りします。
参加費用:無料:お申し込みは当日9月10日の14:00までとさせていただきます
お申込み:こちらよりお申込みください
主 催:ジャパンセキュリティサミット実行委員会

参加申込(無料)

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら