WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

NEC

【ジャパンセキュリティサミット2020】ローカル5G時代のIoT/OTシステムに不可欠な新しいセキュリティ対策を考える-NEC-

2020.09.29

Updated by on September 29, 2020, 13:45 pm JST

ビジネスや産業分野では、超高速・超低遅延・多数同時接続といった性能を自営ネットワークで活用できる「ローカル5G」への注目が高まっている。ローカル5Gの活用が始まった時代にはIoTやOTにはこれまでのICTと異なるセキュリティ対策が求められる

5G時代が到来する。特にビジネスや産業分野では、超高速・超低遅延・多数同時接続といった性能を自営ネットワークで活用できる「ローカル5G」への注目が高まっている。こうしたネットワークの進化は、IoTやOT(産業制御技術)の活用を後押しし、DX(デジタルトランスフォーメーション)の実現を引き寄せる要素となる。

しかし、IoTやOTの活用が広まれば広まるほど、サイバー攻撃のリスクも高まる。これまでネットワークにつながっていなかったような多くのIoTやOTの機器が、セキュリティ対策の何十年という歴史のあるICTと同列に攻撃対象になるからだ。その上、IoTやOTでは従来のICT向けセキュリティ対策を適用できない場合も多く、ローカル5GやIoT/OTの特性や制約に対して適用できる新しいセキュリティ対策が求められる。

NECは、IoT/OT向けにセキュリティソリューションを提供し、ローカル5GやIoT/OTを活用した環境に対応できるセキュリティ対策を実現できるような支援を行っている。セキュリティ関連のオンラインイベント「ジャパンセキュリティサミット2020」では、NECによる無料オンラインセミナーが開催され、同社のセキュリティソリューションの詳細の紹介がある。具体的には、初めにローカル5Gを活用して実現するIoT/OTシステムにおけるセキュリティ脅威を解説する。
次に、セキュリティ対策を適用するために求められる、ローカル5GおよびIoT/OTの特性/制約にかかわる要件を解説する。その上で、ローカル5GおよびIoT/OTの特性/制約に適用可能なセキュリティ対策として、NECが独自の強み技術を活用し拡充に注力しているIoT/OT向けセキュリティソリューションを紹介する。IoT/OT向けマルウェア対策の新製品も紹介する。

「セキュリティ対策の必要性は感じているが、何をすれば良いのか分からない」「IoT/OTの特性/制約があり、従来のICT向けセキュリティ対策は適用できない」「セキュリティ対策の管理/運用に必要な労力/スキルが不足している」といった課題に直面するユーザー企業、団体は、この無料オンラインセミナーでローカル5Gが普及した時代のセキュリティ対策について、今から学んでおくことが望ましい。

参加申込はこちら(無料)

講演詳細<参加費無料>

講演タイトル:『ローカル5G活用IoT/OTシステムに求められるセキュリティ対策とは』
講演団体:日本電気株式会社(NEC)
登壇者:NEC デジタルネットワーク事業部 兼 サイバーセキュリティ戦略本部 シニアエキスパート 桑田 雅彦(くわた まさひこ)氏

日 程:2020年 10月1日(木曜日)16:00~16:30
会 場:Teamsライブを利用したオンラインイベントです。peatixでお申し込みの方に事前に招待メールをお送りします。
参加費用:無料
お申込み:こちらよりお申し込みください
お申し込みは当日10月1日の16:00までとさせていただきます
主 催:ジャパンセキュリティサミット実行委員会

参加申込はこちら(無料)

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら