WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

中国 交通 ネットワーク イメージ

2022年中に中国全土への5G網展開を目指すチャイナ・モバイル 他2本

5G News November 1st. week, 2021

2021.11.04

Updated by Wataru Nakamura on November 4, 2021, 11:08 am JST

MTSとエリクソン、ロシア企業向けのローカル5G事業で提携【The Fast Mode 11/2】
ロシア通信最大手のMTSとスウェーデンのエリクソンは、ロシア国内の一般企業向けのローカル5G網の構築に関する戦略的提携を締結した。両社は今年9月、金・銀生産大手のPolymetalへの商用ローカル無線網構築で協力していたが、今回、新たに石油化学大手のSIBURや鉄鋼大手のEVRAZ、Severstalなど複数のロシア大手企業向けの商用ローカルLTE/5G網の構築に関して契約を結んだことも発表している。

原文:MTS, Ericsson to Build Private 5G Networks for Industrial Enterprises in Russia

楽天、Open RAN導入を容易にする新製品の開発でインテル、ジュニパーと協力【Fierce Wireless 10/26】
楽天シンフォニー(楽天の通信プラットフォーム事業組織)とインテル、ジュニパーは、基地局ごとに必要なハードウエア数を減らしてOpen RANの導入を容易にし、4G/5G網の高密度化を実現する新たな製品の開発で協力することを発表した。「Symware」と呼ばれるこの製品は、ジュニパーの基地局のルーティング機能と楽天/Altiostarのソフトウエアをインテルベースの汎用サーバープラットフォーム上に統合するもの。ネットワークエッジで多目的に活用できるという。

原文:Rakuten, Intel, Juniper team to simplify open RAN deployments

2022年中に中国全土への5G網展開を目指すチャイナ・モバイル【Caixin Global 11/2】
中国通信最大手チャイナ・モバイルの楊傑会長は現地時間11月2日、2022年末までに国内全土の郷級(日本における町村に近い行政区分)以上の地域を5G網でカバーすることを約束した。同社は、これまで国内全体で56万基の5G基地局を整備しており、月額制の5Gプランを契約するユーザー数は3億6000万人に達しているという。

原文:China Mobile Aims to Provide Nationwide 5G Coverage by End of 2022

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

中村 航(なかむら・わたる)

1985年生まれ。福岡県福岡市出身。翻訳者。テクノロジーやファッション、伝統工芸、通信、ゲームなどの分野の翻訳・校正に携わる。WirelessWire Newsでは、主に5G、セキュリティ、DXなどの話題に関連する海外ニュースの収集や記事執筆を担当。趣味は海外旅行とボードゲーム。最近はMリーグとAmong Usに熱中。