WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

偉大な発見には、多くの知性の協力が不可欠である

2022.11.16

Updated by WirelessWire News編集部 on November 16, 2022, 07:12 am JST

※本稿は、モダンタイムズに掲載された、海獣学者の村山司氏によるイルカから見えてくる「知性」についてのコラムの抜粋です。

イルカの知性、ヒトの知性

1960年代にアメリカの大脳生理学者のJ.C.リリィはイルカを「知的な動物」と評し、その論調は一世を風靡した。紀元前にアリストテレスがイルカのことをそう唱えてから数千年の時を経て、リリィのこの言葉によってイルカは再び賢い動物と言われるようになった。

しかし、何が賢いのだろう。それを丁寧に考えていくとイルカの知性とコミュニケーションの妙が垣間見えてくる。はたしてイルカとヒトの知性やコミュニケーションは同じなのか。イルカの心の世界から、認知やコミュニケーションについて想いをめぐらしてみたい。

群れの中で起きていること

船で海に出るとイルカの大群に出会うことがあるらしい。岸からさほど遠くない海で暮らしているイルカなら多くて数十個体くらい、広い大海で生活する外洋性のイルカになると数十、数百、時には千を超える数からなる群れをつくる。そんな光景はさぞや壮観であろう(筆者は船酔いがひどいので、そういう経験はない)。

群れの中でイルカたちはさまざまな社会的な行動をくり広げている。まるでヒトの社会行動のように、おしゃべりが始まり、仲が良くなることもあれば喧嘩をすることもある。また協力したり騙したりという行動も起きる。威嚇や闘争もあれば、オス・メスにかかわらず友好的な行動をしたり、あそび合ったりもする。仲間と共同して狩りもするし、驚くことに他の群れと連合を組んで行動することもある。

群れをつくる野生生物は多い。海の動物でいえばサンマやサバなどのサカナも群れをつくる。イワシの群れが輪になって水槽内を豪快に回転する様子は水族館で人気の光景である。そんなサカナたちは目の前にあるものが餌かどうかの識別はしているだろうし、天敵が現れたら逃げる術も心得ている。繁殖のためオスがメスの気を引こうとあれこれ苦心をしている姿は涙ぐましいものがある。こうした行動は行き当たりばったりのものやDNAに刻まれた本能によるものもあるが、さまざまな経験を記憶し学習した結果、身につけたものも少なくない。つまり、サカナにはサカナなりの認知機構がある。ではそんなサカナたちが群れで狩りをしたり、連合を組んで他の群れを襲ったりするかというと、そんな話は聞いたことがない。だからそんな行動をするイルカには、サカナよりさらに一段進んだ知性のレベルがあることになる。

イルカに見られる社会的行動は、視覚や聴覚を用いた巧みなコミュニケーションによって成り立っている。盛んに音を出し合い、あるいはお互いの行動を目で確かめ合いながら行われるのだ。それは海でも水族館のような飼育下でも変わらない。水槽内でそれまで自由勝手に泳いでいた2個体のイルカが、突然、ピタっと並んで泳ぎ、一糸乱れぬ様子でシンクロし始める。ヒトにはわからない、何かのコミュニケーションが存在している。

そんなイルカたちのコミュニケーションはどのような形式に基づいているのか。コミュニケーションが形作られるには、それを裏打ちする認知の仕組みが必要である。私たちヒトにしても、状況を認識せず、また相手が誰かもわからず、やみくもに人に語りかけることはしない。イルカだってそれは同じはず。よく状況を把握し、相手を同定しなければ、必要なコミュニケーションを図ることはできない。だからイルカのコミュニケーションを知るには、まずその認知のしくみを知ることが必要だ。そうした高度な認知能力がコミュニケーションの引き金となり、それが「知性」につながる。

脳は知性の指標たりうるか

そもそも「知性」とは何か。そこにはさまざまな解釈があり、決め手となる定義がない。しかし私たちは何となく漠然と「複雑な行動を生み出す、脳に由来する何か」といった意味を了解し、「知性」という言葉を使っている。

この記事の全文を読む

村山司氏の記事をもっと読む

「本当のDX」を考えるウェブメディア『モダンタイムズ』創刊「本当のDX」を考えるウェブメディア『モダンタイムズ

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG