WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

2010年2月末のインドの電話契約数は6億を突破、ワイアレスが94%を占める

2010.04.14

Updated by on April 14, 2010, 11:00 am UTC

インドのTELECOM REGULATORY AUTHORITY OF INDIA(インド電気通信規制庁・以下TRAI)は2010年3月29日に2月28日時点の電話の契約数データを発表した。

発表によると、2010年2月末のインドの電話の契約数は全体で6億69万件。2010年1月末の契約数の5億8,197万件から3.22%増加した。普及率は51.05%となっている。うちワイアレスが5億6,373万件で、2010年1月の契約数の5億4,498万件から3.44%増となった。ワイアレスが全体の94%近くを占め、普及率は47.91%。有線による契約数は3,696万件でこの1ヶ月で4万件減少している。

図1の通りワイアレス契約数が5年連続で1.5倍以上の増加を続け、この5年で10倍を超える普及を示している。2010年3月末の統計値はまだだが、2010年2月時点で2009年3月対比でも144%となっており、同じレベルの成長を維持している。

▼図1 ワイアレス契約数の推移(2004年3月〜2010年2月)
201004141100-1.jpg

2010年2月末におけるワイアレス契約のサービス事業者別シェアを見ると、Bhartiが22.11%、Relianceが17.63%、Vodafoneが17.25%、BSNLが11.84%、Tataが11.20%、Ideaが11.02%などとなっている。この上位6社で全体の9割を超えるが、各社のシェアは10%から20%前後でひしめいており、競争の激しい状態となっている。この1ヶ月の増加契約数のシェアを見ると、Vodafoneが16.46%、Bhartiが15.49%、Tataが15.17%、Relianceが15.00%、Ideaが12.03%などとなっており、現在のシェアの割にはTataが相対的に頑張っているようだ。一方有線契約の方は、BSNLが75.49%と圧倒的なシェアを占めている。

▼図2 ワイアレス・サービス事業者のシェア(2010年2月末)
201004141100-2.jpg

▼図3 ワイアレス・サービス事業者別契約数増減率(2010年2月の過去1ヶ月対比)
201004141100-3.jpg

一方下り256 Kbps超のブロードバンド契約は859万件で、2010年1月の803万件から6.95%の増加となっているが、全体からみた割合では1.43%に留まる水準にある。

本調査について

サービス事業者から提供されたデータに基づきTRAIがまとめた。

【情報ソース】
2010/3/29、TRAI(TELECOM REGULATORY AUTHORITY OF INDIA)
TRAIのリリース(PDF)
・過去データは「TRAI Annual Report 2008-09(PDF)」から

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら