WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

独インフィニオンがワイヤレス事業部門の売却を検討 - 売却先候補にインテルの名前も

2010.06.16

Updated by WirelessWire News編集部 on June 16, 2010, 14:42 pm JST

Infineon Technologies
201006161442-1.jpg

米Financial Timesの報道によると、ドイツの大手半導体メーカー、インフィニオン(Infineon)が、自社のワイヤレス事業の売却を検討しているという。同社ではすでに、米投資銀行のJPモルガンを通じて、米インテルなどと接触を始めているとされるが、ただし昨年リストラを実施したインフィニオンでは、来年の前半には同事業部門の業績回復が見込めることもあり、売却価格を高めに設定していることから、この売却はそれほど容易には進まない、との見方が出ているという。

昨年のリストラについては、業績の悪化を受けたもので、インフィニオンでは同事業部門の売却をかなり真剣に検討していたと伝えられているが、このリストラが奏功した結果、今年は業績回復が見込まれている。

同社ワイアレス部門の昨年度の売上は11.9億ドル(9.17億ユーロ)で、事業価値は13億ドル(10億ユーロ)程度とみられている。同部門はアップルのiPad向けチップ、ノキア、サムスン、RIM(Research in Motion)向けの部品を供給している。

【参考情報】
Infineon mulls options for wireless business (Reuters)
Infineon looks at €1bn sale of wireless business (FT.com)l
Infineon Opens Chip Unit Data Room To Potential Buyers-Sources (Capital. gr)

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら