WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

ソフトバンク、法人向けの割引サービスを実質値下げし9月から提供

2010.06.18

Updated by WirelessWire News編集部 on June 18, 2010, 10:10 am UTC

ソフトバンクモバイルは6月17日、法人向けの新しい割引サービス「ホワイト法人」を提供すると発表した。定額料を支払うことで、社員同士の通話が24時間無料になるサービス。9月1日から受け付けを始める。

ホワイト法人は、社員同士が無料で通話できる割引サービスで、1回線ごとに毎月1050円分の無料通話が付くことと、契約回線数に応じて通話およびパケット通信の料金が最大30%割引になる点が新しい。無料通話は同じグループ内で共有できる。1回線当たりの月額定額料は、2〜30回線の契約だと0円、31〜100回線の契約だと525円、101〜1000回線の契約だと924円となる。通話およびパケット通信の料金割引は、2〜30回線の契約が10%、31〜100回線が20%、101〜1000回線が30%。利用の条件はホワイトプランへの加入と、2回線以上の同一法人名義の契約になる。

これまでソフトバンクモバイルでは、法人向けに「ホワイト法人24」「ホワイト法人24+」を提供しており、これらの後継サービスとなる。ホワイト法人24は月額定額料は無料だが、最大10回線の制約があった。ホワイト法人24+は11回線以上で利用できるが、月額定額料が1回線当たり924円必要だった。いずれも、無料通話や料金の割引はなく、今回のホワイト法人への切り替えで、定額料が安くなったり、無料通話などのメリットが得られる実質値下げになる。

ソフトバンクモバイルは4月27日から、ホワイトプランの契約期間を2年に延長。契約解除料がかからずに解約できるタイミングが2年ごとへと減ったことから、実質値下げとなる対策を講じたと考えられる。

【報道発表資料】
新たな法人向け割引サービス「ホワイト法人」を提供

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら