WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

ノキア、新OSと新型端末を披露 - スマートフォンのシェア巻き返しに自信

2010.09.15

Updated by WirelessWire News編集部 on September 15, 2010, 11:04 am JST

Nokia Europe - Nokia N8
201009151104-1.jpg

フィンランドのノキア(Nokia) は14日(現地時間)、ロンドンで行われた「Nokia World」カンファレンスで、新たなフラッグシップモデルとなるスマートフォン端末「N8」や、同社のスマートフォンOSの新しいバージョン「Symbian 3」を採用した3種類の端末を披露した。同社では、これらの新モデル投入で、苦戦するスマートフォン市場での巻き返しを狙う。

ノキアが今回披露した携帯端末は「N8」「C6」「C7」「E7」の4モデル。このうち「N8」は3.5インチのタッチスクリーン、1200万画素のカメラを搭載し、HD動画の再生や撮影・編集が可能なほか、3D表示の地図アプリ、そしてテレビ画面に接続し情報を表示できる機能などが盛り込まれている。また同端末からFacebookやTwitterなどのソーシャルネットワークを利用できるアプリも付属するという。いっぽう、N8のビジネス向けモデルとなる「E7」には、4インチ画面と本体の横側に引き出して使用するQwerty式キーボードが搭載される。なお、N8の価格は370ユーロ(通信キャリアとの契約無しの場合)。またC6、C7、E7の価格は260〜495ユーロで、いずれも今年の年末商戦にむけて順次発売される予定。

なお、モルガン・スタンレー(Morgan Stanley)ではN8の売上について、先行発売される英国だけでも1週間で最大1万台が出荷されると見込んでいるという。

この日のイベントのなかで、同社のマーケティング担当エグゼクティブVPのニコラス・サバンダー(Niklas Savander)氏は、「たった一種類の端末が、好みも財布の中身も異なる世界中のすべての人のニーズに応えられるわけではない」と述べ、さらに同社では新OSを搭載する携帯端末を今後数年間にあわせて5000万台以上出荷するとの見通しを示した。

しかしMF Globalアナリストのパー・リンドバーグ(Per Lindberg)氏はBloombergの取材に対し、競合製品の競争力の高さに触れながら、「N8はマルチメディア機能を強化しており、方向性は合っているが、これでノキアがマーケットシェアを伸ばせるかどうかについては議論の余地がある」とコメントしている。

またBloombergの同記事には、「今回発表された新型携帯端末では、ノキアは競合他社を追い抜くことはできないだろう。同社製品の魅力が向上し、競合他社との差を縮めているのは確かだが、それでもこの分野ではいまだにiPhoneがもっとも優れている」という調査会社Informa Telecoms & Mediaのアナリスト、ギャヴィン・バーン(Gavin Byrne)氏のコメントも紹介されている。

世界最大手の携帯電話機メーカーで、端末の出荷台数ではいまだに4割近いシェアを持つノキアだが、2006年発売の「N95」以来大ヒットを記録した製品がない。とくに、2007年にアップル(Apple)の「iPhone」が発売されて以降は、iPhoneやさらにグーグル(Google)のAndroid搭載端末にシェアを奪われ、米国市場では10%以下にとどまるなど苦戦を続けていた。

成長著しいスマートフォン分野で、iPhoneやAndroid搭載端末に対抗できる製品を投入できずにきたノキアは、市場シェアを維持するために製品の値下げを実施。この措置は同社の経営を圧迫することにつながり、7月には今年第3四半期の営業利益率が7パーセントまで落ちる可能性があると発表していた。なお、iPhone発売から現在までの間にノキアの株価は60%以上も下落している。

そうしたなか、ノキアは今月10日にCEOの交代を、また13日には現スマートフォン部門の責任者の退任を相次いで発表、さらに同社を携帯電話機メーカー最大手に押し上げた立役者である現会長のヨルマ・オリラ(Jorma Ollila)氏も2012年に退任する意向を示すなど、経営体制を刷新してスマートフォン分野の強化をはかる姿勢を打ち出している。

【参照情報】
Nokia Says Preorders for N8 Smartphone Are Strongest Ever Seen - Bloomberg
Nokia hits back with new phones amid turmoil at top - Reuters
Nokia: 'Not Going to Apologize' for Not Being Apple or Google - Wall Street Journal
Nokia Chairman to Step Down in 2012 - Wall Street Journal
ノキア、スマートフォン部門のトップが退任へ - CEOに続く経営陣交代
ノキアでトップ交代 - 新CEOはマイクロソフトのビジネス部門責任者

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら