WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

アップル、iPadの販路拡大へ - ベライゾン・ワイアレスならびにAT&Tの店舗でも

2010.10.15

Updated by WirelessWire News編集部 on October 15, 2010, 03:19 am JST

Unleash the iPad on Verizon Wireless
201010150319-1.jpg

アップル(Apple)は米国時間14日、米最大手の携帯通信事業者であるベライゾン・ワイアレス(Verizon Wireless:以下、ベライゾン)を通じてWi-Fi版iPadを28日から販売することになったと発表。また、同じく28日から3G版iPadをAT&T経由で販売することも明らかにした。

ベライゾンが発売するiPadはWi-Fi版のみで、これに同社の提供する「MiFi」モバイル・ホットスポット端末をバンドルしたセットが提供される。価格は、メモリー16GBモデルが629.99ドル、32GBモデルが729.99ドル、64GBモデルが829.99ドルで、これにベライゾンのデータ通信料金(データトラフィック1Gバイトまでで月額20ドル)が上乗せされる。またベライゾンでは、これら3種類のモデルを通信契約無しでも提供する。

一方、AT&Tが取り扱う3G版iPadは、同社の3Gネットワークに加え、全米に約2万3000カ所ある同社のWi-Fiホットスポットを無料で利用できるという。AT&Tではデータ通信サービスに関して、6月に導入した新たな料金プランをiPadにも適用する。このため、ユーザーは月あたり14.99ドル(上限250MB)もしくは25ドル(上限2GB)のいづれかを選ぶ必要がある。

米国では初代iPhoneの登場以来、アップルとAT&Tとが独占契約を結んできていた。しかし、以前よりベライゾンのネットワークに対応したCDMA版iPhoneの登場可能性が繰り返し浮上しており、先週にはWall Street Journalなど複数の媒体で、来年前半の発売に向けて、ベライゾン向けiPhoneの製造がまもなく始まると報じられていた。

iPadについては、取り扱いで先行していた米家電小売大手のベストバイ(BestBuy)や今月初めから販売をはじめたターゲット(Target)に加え、15日からは小売最大手のウォルマート(Wal-Mart)でも販売が開始されることになっている。アップルとしては、年末商戦を控えて、iPadの販路を一気に拡大し、追従する各社のAndroid搭載タブレットとの差を広げたい考えと見られる。

なお、今年春に発売されたiPadは販売開始から80日で300万台を全世界で売り上げるなど高い人気を呼び、一時は供給不足の状態にもなっていた。その後供給体制も安定し、需要も堅調との話も一部で流れているが、3ヶ月を通じての販売台数がアップル自身から明らかにされるのは、来週18日に予定される決算発表(7-9月期および通年)が初めてのこととなる。

【参照情報】
Verizon Wireless Offers iPad at Stores Nationwide on October 28 - Apple (Press Release)
Apple's iPad Coming to AT&T Stores on October 28 - Apple (Press Release)
iPad Coming to AT&T, Verizon Stores Oct. 28 - GigaOM
IPad Coming to Verizon Wireless and AT&T Stores - Bits (New York Times)

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら