WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

スマートフォン導入企業は1割、関心がある企業は4割に--GfK調査

2010.12.27

Updated by WirelessWire News編集部 on December 27, 2010, 10:20 am JST

市場調査会社のジーエフケー マーケティングサービス ジャパン(GfK Japan)は、「2010年度 企業のIT投資動向調査」の結果を発表した。2010年度のIT投資額が「減少する」と答えた企業は前年度調査から10ポイント減少し、IT投資が回復基調にあることがわかった。また、スマートフォンの導入状況では、約1割の企業が導入済みとの結果を得た。

▼企業におけるIT投資増減(2007年度~2010年度) -過去調査との比較
201012271020-1.jpg

調査は毎年行われ、2010年度のIT投資動向では、2010年度の投資予測として前年より「増加」が25%、「ほぼ変動なし」が51%、「減少」が24%だった。2009年度の調査実績では「減少」が34%であり、減少するとの回答が10ポイント減った。「増加」も前回の21%から25%へと4ポイント増えており、2008年の世界的景気後退から続いていた削減傾向から、回復の方向に動きだしていると分析する。

また、スマートフォンの導入状況についても調査した。これによると、スマートフォンをすでに「導入している」企業は、全体の約1割。導入済みの企業に導入の目的を尋ねたところ、トップの回答は「業務の効率化」で、「ノートPCの代替えになる」「社員同士のコミュニケーションの活性化ができる」が続いた。一方で、「導入を検討している」「関心はある」とした企業は約4割に上った。GfK Japanでは、法人市場のスマートフォン導入状況は、各企業が活用方法を模索している段階にあると分析している。

【報道発表資料】
2010年度企業のIT投資動向調査 [PDF]

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら