WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

2011年のスマートフォン法人加入は前期の倍に、震災の影響でビジネスモビリティ導入が加速

2011.06.02

Updated by Naohisa Iwamoto on June 2, 2011, 17:08 pm JST

IDC Japanは2011年6月2日、スマートフォン法人加入が2011年に倍増するとした「国内ビジネスモビリティ市場予測」を発表した。それによると、東日本大震災の影響により、事業継続性の維持などのためにスマートフォンやモバイルPCなど、ビジネスモビリティの導入が進むと予測する。

まずスマートフォンの法人加入は、2010年に65万人に達した。これが、2011年には134万人へと倍増、さらに2015年には554万人へと急増すると予測する。法人契約で企業が利用するビジネスモバイル通信端末市場は、2010年には携帯電話が1212万人、データ通信カードが105万人で中心的な存在だったが、2011年以降はスマートフォンが市場の牽引役として取って代わるとみている。

ビジネスモビリティのPCユーザーは2010年に454万、2011年には500万人、2015年になると675万人に達するとしている。大震災を契機に、スマートフォンの急速な伸びと合わせて、ビジネスモビリティの導入がの加速するとの予測だ。IDC Japanは、事業継続性の確保と災害対策の側面から、自宅や仮設のオフィスでも仕事ができる体制の重要性が改めて認識されることになり、結果としてビジネスモビリティの導入が加速すると分析している。

国内ビジネスモバイル通信端末タイプ別加入者数予測、2010年〜2015年
201106021708-1.jpg

【報道発表資料】
国内ビジネスモビリティ市場予測を発表

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。